2019年07月21日

2019年パリ迷い歩き その7(最終章)

2019paris-131.jpeg


parisでの最終日の朝。
とにかくオムレツをやっつけた。
食器は食洗機に入れてキッチン周りを綺麗にした。
数日間ありがとう。

ちょうどその朝は宿の前の高架下で市(マルシェ)が開かれているので
銘子はカメラを持って出かけた。

開店準備に忙しそうだ。

「写真撮ってもいいですか?」

銘子が尋ねると、煩わしそうにする人(忙しそうだった)も中にはいるが、
みんな「いいよ」と言ってくれた。


2019paris-132.jpeg


生臭い匂いは全くないので新鮮なのだな、と思う。


2019paris-133.jpg


そうだ、白アスパラの時期だったんだ。
茹でて食べたかったなー。

大きないちご!日本の「あまおう」や「さちのか」みたいに甘くはないのだけれども
綺麗だ。


2019paris-134.jpg


ちらほら買い物客が出てきている。


2019paris-135.jpeg


ここで買い物して料理したかったなーと銘子は思いながらシャッターを切った。


2019paris-136.jpg


日本の花屋さんの店先で、このディスプレーは見たことがないな。
この横積みは何かそれなりの理由があるのだろうな。
店先を通るだけで嬉しくなる美しさだ。


2019paris-137.jpg



2019paris-138.jpeg


チーズ屋さんがあった。

昔、みんなでツアー組んで滞在した際に、誰かがお土産用にマルシェでチーズを買った。
部屋に冷蔵庫はなく、そのままビニル袋に入れて帰国まで窓際においていたらしい。

それは徐々に強烈な匂いを放ち出し、本人は我慢するけれども
同室になった他の人はたまったもんじゃなく悶絶していたのを思い出す。

すでに銘子のスーツケースの余裕はなかったので今回は購入を断念。


2019paris-139.jpg


ホタテ。1枚だけって売ってくれるのだろうか?
今度行った時に試してみよう。


2019paris-140.jpg


頼んでおいたタクシーはきっかり9時にやってきた。
13時過ぎの飛行機だが、何があるか分からないのでいつも銘子は数時間前には
空港に着くようにしている。

「空港のどこ?」
「2Eです」

車内の会話はそれで終了。
運転手のおじさんは華麗なハンドルさばきで朝のラッシュを縫うように車を進ませた。
10時過ぎに空港着。

まずは免税手続きだ。
確か空港に『PABLO』という免税手続きをする機械があると言われていたので
案内のお姉さんに場所を尋ねるとすぐそこだと指差す。

あ、ここね。

たくさん機械が並んでいるので、ガラガラに空いている。
日本語バージョンが選べるのでボタンを押す。表示に従ってスイスイ進んで
あっという間に終了。

昔は延々並んだもんだ。いや〜便利になったなぁ。

スーツケースを預けて身軽になった銘子は出国審査へと向かった。
登場口は K51 だ。


2019paris-141.jpeg


もうほとんど土産物は購入済みだが、なんとなく免税店をぶらぶらしてみる。

「何をお探しですか?」

次々と話しかけてくる店員さんの名札を見るとみんな中国人のようだ。
中国人スタッフが多いな、と銘子は感じた。

まだたっぷり時間があるので空港ラウンジで時間を潰すことにする。

ラウンジ入り口近くにラデュレがあった!
ああ…またマカロンを買ってしまった。
どんだけマカロン買って帰るのか。

ラウンジに入る。

席を取って貴重品だけ身につけて飲み物を取りに行く。
ちょうど朝とお昼の間だったので軽食はほとんどない。
しばらくするとランチの準備をし出したので銘子は整うまで席で待つことにした。

中央の大きなテーブルに山盛りてんこ盛りに置いてあるポテトチップスの小袋。
手のひらサイズの小袋をとりあえず3袋取ってみた。

ふと隣のテーブルを見ると、踏ん反り返って雑誌を見ている外国人おじさんのテーブルにも
3袋置かれていた。

ちょびっとビールを飲むときのアテにちょうどいい大きさの小袋。
持って帰りたい。バッグに入れたい。でもホール係のお姉さんが切れ目なく次々と
横を通る。

盗むわけではないのだし、3つくらいならその場で食べられる量だから…
色々思うのだが、堂々とカバンに入れるのは気が引ける。

そのとき、隣のおじさんが動いた!

俊敏な動きでポテチの袋をリュックに入れた。

え?

見回すとホール係のお姉さんがいない。

今だ!

銘子もバッグに3袋入れた。

ちょうどお昼の軽食が並んだところだったので銘子は取りに行った。

戻ってくると隣のおじさんのテーブルにはまた3袋ポテチがあった。

…まだ持って帰るの?
銘子は苦笑した。

ま、人のことは言えないか!

搭乗時間30分前になったので銘子は搭乗口へ向かった。


2019paris-142.jpeg


予定通り機内に案内され、銘子は機上の人となった。


2019paris-143.jpeg


あっという間の数日間。
ふと思い立って10年ぶりにさまよったParis 。
大きなトラブルもなかったので銘子のポンコツフランス語で何とかなった。
しかし自分でも驚くほど道を忘れていて、そして地下鉄の駅の早見表も地図も
老眼の銘子にはもう全くと言っていいほど確認できないようになっていた。

これからはスマホを持ち歩いてその場で確認できる状態にするか
今回のように出かける前に入念に乗換駅や地図を頭に叩き込むか
(その場合はイレギュラーなことが起こると困窮するのだが)
…まあ、今度行く時に考えよう。老眼鏡かけるか。

銘子はカバンの中に入っている写真立てをカバンの上から抱きしめた。
そして心の中で話しかけた。

おかーさん、また一緒に行こね。

ポテチの割れる音が返事のようにかすかに聞こえた。




posted by Avril at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2019年07月20日

2019年パリ迷い歩き その6

2019paris-102.jpeg


Paris滞在4日目の朝。

まだあるよー。オムレツ。
いつ無くなるのかなー?

腹ごしらえして、いざ出発。
まずは宿から歩いてすぐのBir Hakeim ビル・アッケム橋に向かう。


2019paris-103.jpg


銘子の宿がある Motte Picquet は地下鉄の駅だけど列車は地上に出ている。
その高架に沿ってセーヌに向かって歩いていく。


2019paris-104.jpeg


ほうら、ここ。
セーヌを渡る橋で、このビジュアルが大好きな銘子は
地下鉄の列車がやって来るのを待ってシャッターを切る。


2019paris-105.jpg


この後、地下鉄6番線に乗って Raspail で乗り換えて4番線へ。
St-Germain des Présで下車。

ピエールエルメのマカロンを買うのだ!

途中、シティファルマにも寄ってバラマキ用のプチプラコスメを買い、
すぐ近くのピエールエルメでマカロンを買う。
何個入りの箱にするかを決め、そしてお姉さんに
一つずつ選んで箱に入れてもらう。

ああ、楽しみだー。日本に帰ってからのお楽しみだー。
明日は朝のうちに空港へ行かないといけないので
今日買わないとねー。

本日のランチは桐子さんオススメ、Poilâneのタルティーヌの予定。
それまではぶらぶら散歩。

あら、懐かしいエルベシャプリエがあるではないですか!
何年も前にここで買ったなー、と店先で見ていると
ドアが開き、「どうぞ」と日本人のスタッフが声をかけてくれた。

なんて事ないデザインなんだけど、飽きがこないので重宝している。
よし、自分用のお土産にするか!
小ぶりのバッグを買う。

そうだ、la Vaissellerie にも行かなくては!
全く愛想のない店員さん。ま、こんなものか。

laguiole のテーブルナイフを買う。
ステーキの時に使うのよーん。
とりあえず2本でいいっか。

またきた時に買いたして合計6本にはしたいな。

で、フラフラ行くと Chante livre という本屋さんが。
ここでカードを買う。切り絵でパリの風景を描いているカード。
見ているだけで楽しい。

おっとそろそろお昼の時間ではないか!

ポワラーヌへ向かう。
パン屋さんは店の中が満員。
あんなにギューギューでパン自体選べるのだろうか?

通りの並びにある Comptoir Poilâne に入ると銘子が一番乗りだった。
タルティーヌ。ポワラーヌのパンをトーストしてオープンサンドに
したもの。

しかし朝のオムレツが効いているのかまだそんなに空腹ではない銘子。
ふと見ると季節のスープ、というのがあった。
これにしよう。

ジローラモさんをフランス人にしたような(ちょいワルオヤジ風)の
おじさんが注文を聞いてくれる。

オープンキッチンになっていて調理の手元が席から見える。
奥で温めたスープを器に注いでイケメン青年がカウンターに置いた。
それまで暇そうにスマホをいじっていた、ちょいワルオヤジが手を止めて
すぐ(手を洗わずに)カウンターにある入れ物に手を突っ込んで
スープにトッピングしている。

おいおい。スマホってトイレの便座と変わらん雑菌まみれなのよー。
それともオヤジのスマホは除菌済みなのかー???

はい、どうぞ。

にっこり笑う、ちょいワルオヤジ。
仕方ないなー。


2019paris-106.jpeg


小どんぶりくらいの大きさにたっぷりのスープ。
濃厚で美味しかった。

昔、銘子がフランス語を習っていた時に「フランス語ではスープは飲む、ではなく
食べる、という動詞を使います」と教わったっけ、としっかり思い出すようなスープだった。
しっかりmangerした。


2019paris-107.jpeg


清算の際に目の前にあったタルティーヌの食品サンプル。
「写真撮ってもいいですか?」

ちょいワルオヤジは
「え?俺?」
髪をなで付ける仕草をする。

「ちゃうちゃうってば。こっち、タルティーヌの方」

「えーっ、そうなのー??」

軽いボケツッコミのやり取りをして店を出る。


2019paris-108.jpeg


Maison du Chocolat に寄ってこれでほとんどのお土産購入は終了。

Sèvre Babylone から地下鉄で一旦荷物を置きに戻る。

すぐにまたでかける。再び地下鉄に乗る。

6番線で Place d'Italie へ出て7番線に乗り換え。
Louvre Rivoli で降りる。


2019paris-109.jpg


あともう一つ買い忘れていたというか行きたいお店があったのだ!


2019paris-110.jpg


Saint-Eustache教会の右手に見ながらその前の道を進む。


2019paris-111.jpg


途中で見た看板。
いや、ハッピーアワーが長い!
夕方4時から夜の9時までって?
いいなー。

え。ちょっと待てよ。
ビール50cl (500ml)が5€かー。
今のレートで\605。

50clって日本の生中の大きめジョッキくらいだから
断然、日本の方が安いのか。

先日飲んだビールは8.6€だったからハッピーアワーは
お得なのだけれども。

もともとParisの物価は高いのだったー。

そしてすぐに見えてくるこの店。
DEHILLERIN

料理の道具の卸屋さん。
もちろん小売もしてくれるので古くなっている
カード(お菓子作りに便利な道具)を買い足しに来たのだった。


2019paris-112.jpg


そのまま歩いて Opéra まで。


2019paris-113.jpg


すぐ先にある Galeries Lafeyette が本日のメインイベントなのだ。
渡仏前の下調べで、ここのサロンで『マカロン教室』が行われることを知り、
予約しておいたのだった。

まず会場のサロン入り口を確認する。
よし、ここだ。

あと数時間あるので次の時間つぶしに銘子は向かう。

エスカレーターで降りていくと…


2019paris-115.jpg


空中に通路が出っ張っている!


2019paris-116.jpeg


そう、これはGLASSWALKという催し。


2019paris-117.jpeg


無料なので並んでみる。
10分ほどで順番が来た。

足元が透けて見える。
う、足がすくむ!

かろうじてすりガラスになっている部分を進む。
あ。これ以上は無理。

通路の突き当たりは全くの透明状態。
さすがにそこへは行けなかった銘子であった。

この写真撮るだけで精一杯。


2019paris-118.jpeg


そのあとは隣のデパート、Printemps Haussmann (プランタン)をぶらぶら。
ここのグルメ館がリニューアルしたそうなので覗いてみる。

PRINTEMPS DU GOÛT

うわ、楽しい。窓際のおしゃれなソファーとテーブルはイートインスペース?
今度の渡仏の際には絶対にここに時間を割こうと心に誓う銘子であった。

またまたラファイエットに戻るとあと30~40分。
このマカロン講座は夜7時くらいまであるので晩御飯を買っておこう。

昔、友人たちとParisを散策していた頃は食べ歩きを楽しめたのだが、
一人で行くことが増えたここのところ、銘子は夜は部屋で軽く何か
作って食べるようになった。
夜にレストランへ一人で出かけるのが億劫なのだ。

ラファイエットのグルメ館は道路渡ってすぐ。
ここでまた胃が欲している中華の惣菜を買う。

さ、時間だ。サロンへ向かおう。

時間通りに来たのは銘子だけ。


2019paris-119.jpeg


30〜40分遅れで全員集合。1名ノーショー。
先生は東洋系の美女。
もちろん彼女はフランス語を流れるように話す。
この講座は日本語通訳付きなので安心だ。

日本語通訳付き、なので全員日本人かと思いきや、
なぜか日本語が話せないフランス人男性2名が参加していた。
お仕事関連でマカロンの作り方を学んでおきたいから参加したようだ。

メンバーはフランス人男性2名と日本人母娘の2名と銘子。
正面のテーブルに用意された材料と器具で流れるようにマカロンの
生地が作られていく。

先生が話し、男性陣がふむふむと頷き、通訳の人が話し、
銘子たちが頷く、時間差のふむふむの連続だ。


2019paris-120.jpeg


この水色のコネコネする機械がないと多分、自宅では無理!


2019paris-121.jpeg


生地をしぼり袋に流し入れて天板に出していく工程を体験させてもらう。


2019paris-122.jpeg


生地は表面が乾くまで放置してそして焼くのだそうだ。

銘子たちはそれぞれの席に誘導されて2種類のソース作りを指導される。
ソースができた頃、焼いてあった生地が運ばれてきて(多分これは前の講座で
誰かが絞り出したものと推測する)それぞれ挟んで成形する。


2019paris-123.jpeg


美味しそうに出来上がりました!
なぜか箱は3個入りのものなので1個はその場で出されたお水でいただく。


2019paris-124.jpeg


レシピをもらったが、多分これからも作ることはないだろう。
かなり面倒だ。
マカロン1個の値段が高い理由がよーっく分かっただけでもいいっか。

外に出ると雨が降っていた。
さ、帰って晩御飯だ。


2019paris-125.jpeg


つい先日も同じメニューだったかしらん。
今回は焼きそばも買ってみた。


2019paris-126.jpeg


茶色い〜。


2019paris-127.jpeg


電子レンジで温めてからフライパンで転がして皮をパリッとして、


2019paris-128.jpeg


モロッコインゲンを加えて炒め直したチャーハン。


2019paris-129.jpeg


何も足さず、何も引かないで炒め直した焼きそば。


2019paris-130.jpeg


今回のParis最後の晩餐でした!

さ、寝る前にパッキングしないとね。




posted by Avril at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2019年07月15日

2019年パリ迷い歩き その5

2019paris-062.jpeg


Paris 3日目の朝。
何でだろう。スーパーで買い出しした時になぜか2回とも
6個入りの卵を買っていた。

銘子の滞在はあと1日。どうやって消費するのだ?

仕方ないのでスパニッシュオムレツを作る。


2019paris-063.jpeg


できた。フライパンと鍋を使って徐々に小さく、
直径を短くして…おのずと厚みを出すように焼いてみた。
そしたら焦げた…。ま、いいっか。


2019paris-064.jpeg


食べられるのは一切れくらい。うーん。どうやって消費しようか。
お腹いっぱい。さて、行動開始!

まず、Porte de Vanves へ地下鉄で移動。
そこからバスに乗ってサクレクールまで行くのだ!
バス95番線はめくるめく名所を通る観光ルートのような路線だ。


2019paris-065.jpg


地下鉄の駅のそばに停留所発見。


2019paris-066.jpg


ルーブルの横も通るし、


2019paris-067.jpeg


オペラ座の横も通る。サクレクールに行きやすい停留所を確認して
バスに乗ったはずの姪子だったが、ふとメモを確認しているうちに
そこを乗り過ごしたことに気づいたのだった!

とにかく降りた。

サクレクールは丘の上の教会だから上へ上へ向かえばいいのは分かるが
どの道を上がればいいのか全く分からない。

ううう。

そして閑静な通りには通行人もいない。

ふと、その先に薬局がある。とりあえず入って何か買って
精算の際にさりげなく道を尋ねる作戦開始!

「あのー。ここってどこでしょう?」

銘子は地図を広げる。

「え?どこに行きたいの?」

「サクレクールです」

「ああ。じゃあ、店を出て、先書の角を左に曲がって
登って登って登るのよ!」

「は、はい。わかりました。ありがとう」

銘子は登って登って登っていくと左側に見慣れた景色が見えた。


2019paris-068.jpeg


あの風車…見たことあるな。
近づいてみる。


2019paris-069.jpeg


あ、ここ来たことあるな。


2019paris-070.jpeg


またさらに登っていくともうサクレクールを目指す人が
ちらほら。土産物屋さんも見えてきた。すぐそこだ!


2019paris-071.jpeg


眼下に広がるパリの街並み。今日の天気予報は雨だったはずだけど
すっかりぴーかん!


2019paris-072.jpeg


青い空に映えますなぁ。

昔はこの一番上の塔に登ったっけ。今回はまたまた外観だけ見て
下ることに。

フニクラと平行している坂道を降りようとするとボードを持った
女性が近づいてきた。

「サイン!サイン!」

でた。サインしているうちにポケットやバッグを探られるパターン。
銘子はもちろんガン無視で通り過ぎる。


2019paris-073.jpg


お昼はまたまた情報をもらっていたレストランへ行くことに
決めていた銘子。
ここは開店前から行列ができると聞いていたのでサクレクールから
坂道を下ってすぐに向かう。


2019paris-074.jpg


開店10分前からこの行列。


2019paris-075.jpeg


開店時間ちょうどにドアが開き、席に案内される。

「日本人?」「はい」

すると二枚のメニューを渡された。


2019paris-076.jpeg




2019paris-077.jpeg


日本語メニュー、助かる!

まず、ミニデキャンタワインの赤を頼み、前菜にオニオングラタンスープを。


2019paris-078.jpeg


続いて鶏のソテーを。たっぷりのフライドポテトが嬉しい!


2019paris-079.jpeg


鶏はとろっとろ。骨がすぐに外れます。


2019paris-080.jpeg


そして浮島のデザート。フッワフワのメレンゲとマロンペーストが合います。

銘子の隣のテーブルには外国人カップルがいて
(多分北欧の人のような感じ)通路を挟んで向こうの席に
パパとママと幼児と赤ちゃんの4人連れ。
(多分フランス人)

飽きてきた幼児は席を離れたくてウズウズ。
ママは赤ちゃんを抱っこしたままその幼児をなだめながら食べさせる。
パパはゆっくり食べている。
たまに「座りなさい」と幼児に話しかけるけど
そんなの聞くわけない。

しまいに赤ちゃんまでぐずりだした。
鳴き声が大きくなりかけたその時。

ママはカシュクールのニット(日本の着物のような打ち合わせ襟)の
前をガバッと開いたと思ったらプリン!と乳房を出して速攻で
赤ちゃんに含ませた。

え。今、プリン、って乳首見えましたけど。

もちろんその家族連れの隣にも席はあって、カップルが食事してて
ママの斜め前は男性が座ってたけど…

赤ちゃんは泣くことなくママの乳房に夢中。
すごい。

ママはそのまま猛然と食べ始めました。
ミルク出さないといけないもんね。
食べなきゃね。

パパは相変わらずゆったりお食事。

日本でもよくみる風景だけど、このおっぱいプルン!は
多分ないだろうねー。

さて。食後はまた戻って、布地屋さん巡り。

10年近く前に来た時にはもっと賑わってたんだけどな…
少し寂しくなっていました。思っていた布地とも出会えず。


2019paris-081.jpg


では地下鉄でズバーン!と凱旋門へ。


2019paris-082.jpeg


凱旋門の上に登ろうかと思ったけど、ものすごい人数の中国人の
団体が並んでたので諦めて下から撮影だけにする。


2019paris-083.jpeg


この先頭には流石に行けなかった。勇気あるなー。
曲がり損ねた車が膨らんで突っ込んでくることもあるだろうに。
想像力豊かな銘子は手前で写真を撮るに留めた。

さあ、エッフェル塔に会いに行こう。
KLEBER通りを進みます。


2019paris-084.jpg


結構歩いてシャイヨー宮に到着!


2019paris-085.jpg


お昼間に来たのは久しぶり。
ここのところ夜に撮影しに来てたしな。

昼間に行って気づいたこと。
この写真の左に並んだ女性像のお乳とお股の金色が
ハゲていた!


2019paris-086.jpeg


わざわざ台の上に登って並んで触ったのね。たくさんの人が。
出ないと金色、ハゲないもんね。この、すけべー!


2019paris-087.jpg


ぴーかん。青空に映えますなぁ。(2回目)


2019paris-088.jpg


エッフェル塔を、見ながらセーヌ川を進みます。
あ。アレクサンドル3世橋が見えてきました。
この豪華な橋はとてもフォトジェニック。


2019paris-089.jpg


振り返ると逆光でいい感じ。


2019paris-090.jpg


少し行って左に折れたらコンコルド広場。


2019paris-091.jpeg


左を見たら遠くに凱旋門が見えました。


2019paris-092.jpeg


チュイルリー公園の入り口が見えました。
入りましょう。

あ。土の道が楽。
石畳とアスファルトですでに悲鳴を上げかけていた膝に
今更ながら気づいた銘子だった。


2019paris-093.jpeg




2019paris-094.jpg


突っ切ると小さな凱旋門が。
こちらが裏側。


2019paris-095.jpg


潜って正面がこれ。


2019paris-096.jpg


そして目の前にドーン。
ルーブル美術館。


2019paris-097.jpeg


あんまり並んでなかったのでピラミッドから入場。
セキュリティーチェックは必須のようです。


2019paris-098.jpg


今回のルーブルの目的は地下のブティック。
美術館のブティックはとても楽しいので大好き。
ちょっとしたお土産も買えちゃう。

その後はリボリ通りを進んでパリ市庁舎へ。
その途中にKIKOというプチプラの化粧品店に寄る。

姪っ子たちが見つけたら寄ってみて、と言っていた店だ。

黒いTシャツに黒のデニムにエプロンのユニフォーム。
物色していたら店員の黒人のお姉さんが話しかけてきた。

「写真、撮った?」

え?化粧品の話ではなく…

「はあ。たくさん撮りましたよ」

「見せて」

銘子はいくつか写真を再生して見せた。

「ふうん…いいな。
 このカメラ、オリンパスよね?どう?いい?」

「軽いし使いやすいかな」

「この機種?」

銘子のカメラのストラップを見て言う。

「そうそう」

お姉さんはおもむろに自分の手のひらにその機種名を
ボールペンで書いた。

「写真好きなの?」銘子は聞いた。

「好き。いつも撮ってる」

「そうなのねー」

「じゃあ」

お姉さんは移動していった。
仕事しないのか。すごい。
自分の趣味の話だけして行ってしまった。


2019paris-099.jpg


そろそろ足が限界に近づいていた。
とりあえずBHVに寄ってざっと見て回り、地下鉄で戻る。
宿の目の前の店で本日のビール。

今日はベリーのビールにした。
ああ、甘いのが殊の外美味い。
疲れたのかなー?


2019paris-100.jpeg


夜は何も作る気になれず、朝作ったオムレツをサンドして…
こんな晩御飯でした。


2019paris-101.jpeg


こうして銘子の滞在3日目が終わったのであった。
明日は最終日だ。盛りだくさんだー。




続きを読む
posted by Avril at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2019年07月09日

2019年パリ迷い歩き その4

2019paris-021.jpeg


Paris 第2日目。
カリカリベーコンの目玉焼きを作ろうと思ったけど
細切れのベーコンしかなかったのでなんか違うー!
ま、いいっか。

パックのかぼちゃのポタージュも温めて少しミルクを入れてさらに
まろやかに。

朝から大満足の始まり。

で、今日は天気もイマイチなので passage 巡りすることに。

まずは Passage de Grand Cerf を目指すことに。
でも迷ってしまった。

あれ?ここが郵便局でしょ?で、ここの裏に回ったら…

銘子は斜めに伸びた道が苦手だ。まっすぐ進んでいるように見えて
実は行きたい場所から思いの外離れてしまっていることが多いのだ。

先日買った、地図はコンタクトレンズを入れた目では見えない。
老眼がひどくなっているようだ。

ポータブルのWi-FiはレンタルしていないのでWi-Fiが飛んでいないところで
ナビアプリは使えない。

ああ。もういい!

時計を見るともうすぐ12時。お昼ご飯だ。

友人に教えてもらったビストロが近くにあったっけ。

Le Mesturet

スタッフはランチ前にまかないご飯を食べていた。
店を覗くと「どうぞ!」と手招きしてくれたので銘子は店に入った。

案内されて席につこうとした時!

小さなテーブルの隙間から席につこうとした銘子だったが、
自分がリュックサックを背負っていたことをすっかり忘れていたのである。

あ。

思った時は遅かった。
テーブルにセッティングされていたグラスをなぎ倒してしまった。

「ごめんなさい!」

無言でグラスをかき集めるスタッフ。
心の中の声が銘子には聞こえたような気がした。

注文は席に案内してくれて割れたグラスを処理してくれたおじさんとは
違うお兄さんが聞きにきてくれた。

えーーーっと。
今日のオススメにしましょうか。
ボードを見る。


2019paris-022.jpeg


ボードにある、メインとデサートの組み合わせにしよう。


2019paris-023.jpeg


グラスワインを頼みました。
オリーブつまみながら料理を待ちます。


2019paris-024.jpeg


きた!子羊。
久々のクスクスだ。

お肉の焼き加減が絶妙。
久々の羊はちょびっとクセがあったなぁ。


2019paris-025.jpeg


デザートはティラミス。でかい。
でもしっかり食べてしまった。
これにエスプレッソをいただいて、33.7€ でした。

さあ、食後は歩くぞ!

近くの Galerie vivienne へ向かいます。


2019paris-026.jpg


あ。今日は日曜はお休みなのか。
中には入れそうだ。


2019paris-027.jpg


改修中のようでした。
面白そうなお店あったけどお休みだったら仕方ないな。


2019paris-028.jpeg


2019paris-029.jpg



2019paris-030.jpg



2019paris-031.jpeg



2019paris-032.jpg


次はどこに行こうか。
何となく歩いていたら、 Stohrer だ!
そっか。レアルの近所まで来てるのね。


2019paris-033.jpeg


Saint-Eustache 教会が見えてきました。


2019paris-034.jpg


広場のオブジェも健在。


2019paris-035.jpeg


今日は黒目は塗られてませんでした。

 Les Halles を突っ切ってノートルダムをめざすことにしましょうか。


2019paris-036.jpg


サマリテーヌ は工事中でした。
何だかパリ市内はどこもかしこも工事中。


2019paris-037.jpg


Pont Neuf が見えてきました。


2019paris-038.jpeg


この日は猛烈な風が吹いていて、橋を渡っていると風で橋の端まで押されていって
しまうほど。何とか渡りきって…


2019paris-039.jpeg


Place Dauphine (ドフィーヌ広場)に出ました。
さらに進んでいくと


2019paris-040.jpeg


Cité 駅近くで恒例の『小鳥市』が開かれていました。
ピーチクパーチク、羽の色もカラフル!


2019paris-041.jpeg


さあ、 Notre - Dame de Paris よーーーーっ!


2019paris-042.jpeg


風が強いせいか、雨雲が飛んで行ったのでしょうか。いいお天気です。


2019paris-043.jpeg


行列がすごかったので今回は入場せず。


2019paris-044.jpeg


今回はざっと正面から写真を撮って、中に入らなかった…。
ああ、何でちゃんと見ておかなかったんだろう。

ここからの写真は2009年に撮ったもの。


2019paris-045.jpg




2019paris-046.jpg


この尖塔は無くなってしまったのだな。


2019paris-047.jpg




2019paris-048.jpg


また再建されたら行ってみよう。
いや、絶対に行こう。

ここが燃えているというニュースを聞いたとき、
本当にショックだった。

で、遠く離れた関西のおばちゃんですらこんなにショックなんだから
フランス国民、パリ市民にとったらどんなことか。。。


旅に戻りましょう。


2019paris-049.jpeg


リュクセンブルグ公園を目指します。


2019paris-050.jpeg


パンテオン見えた!


2019paris-051.jpeg


風が強かったので閉園でした。残念。


2019paris-052.jpeg


ラスパイユ通りを通ると、マルシェの後片付けか清掃車が来ていました。
ビオのマルシェ行きそびれた!

じゃあ、Le Bon Marché に行きましょうか。

あ。隣の公園も閉まってた!


2019paris-053.jpeg


色々物色して、食材というか調味料などを買い込みました。
さ、宿まで歩くぞ!


2019paris-054.jpeg


たまに見えるモンパルナスタワーで自分の位置を確認。

セーヴル通りからガリバルディ通りに進んでやっと
La Motte-Picquet Grenelle 駅に到着!

駅前のカフェでビールを一杯。


2019paris-055.jpeg


あれ?コースターの模様は何だか見たこと…


2019paris-056.jpeg


ある!どこにでもあるのねー。


2019paris-057.jpeg


ボンマルシェで買ったワンコのお菓子。もちろんチョコレートではありません。
板チョコ状になっているだけ。

帰国して弟のワンコにあげようとしたら猛烈な臭い。
でもワンコの尻尾はぶっちぎりで振られてました。
素手で持ったら後でしっかり石鹸で洗いたくなるお菓子です。
(ワンコには好評)


2019paris-058.jpeg


何となく気分は中華だったのでなんちゃってチャーハンとベトナム風揚げ春巻きを
買ってきました。


2019paris-059.jpeg


生野菜を添えて、そして具材を加えてチャーハンは炒め直しました。


2019paris-060.jpeg




2019paris-061.jpeg


第2日目はこうして終わったのでした!




続きを読む
posted by Avril at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2019年07月06日

2019年パリ迷い歩き その3

2019paris-009.jpeg


夜、夢の中で電話の呼び出し音が聞こえてきた。
目が覚めると本当に部屋の電話が鳴っていて受話器を取ると切れてしまった。
何だったのだろー?不思議に思ったけどそのまますぐにまた寝てしまった。

Paris 第1日目。

簡単なオムレツに昨日買ったお惣菜パン。きゅうりとチキンハムが挟んであった。
そしてきゅうりからの水分が出てかなりビチョビチョしていた。
今日は絶対にパン屋さんでちゃんとパンを買おう。

iPhoneに英文のメールが届いていた。
宿の予約サイトからだった。

「あなたはNo Show をしました。残念です」

え?なんで?

No Showとはホテル用語で『宿泊予定日になっても来なかった』ということだ。
え。私、ちゃんとチェックインして一晩ここで寝ましたけど。

フロントにはもう交代したのか昨夜のお姉さんはいなかった。
おじさんが居たのでルームキーとメールを見せた。

「?」

おじさんも不思議そうな顔をした。
「大丈夫、放っておいたら?」

「そうですね」

「じゃあ、いい1日を!」

まずはミッションをこなさなければ。

今回は10年ぶりのParisだ。道なんかほとんど忘れている。
なので姪っ子たちの買ってきてほしいリストを片手に街を徘徊することにする。
まずはLongchampだ。

まず、Motte Picquet 駅前の売店でPARI PRATIQUE(8€) を買った。
以前はこれがないと動けなかったし、10年ぶりだから買っておかないと
いけないような気になって。

そしてCarnet(14.90€)も。

8号線でMadeleineへ向かう。
ここからサントノーレまで歩く。
あった、あった。


2019paris-010.jpeg


店内はwi-fiが飛んでいるので、ここでラインしながら
希望を聞きながら買い物する。ミッション完了。


2019paris-011.jpg


またMadeleine へ戻って12号線で  Sevres Babylones へ。
サン=ジェルマン=デ=プレでさらなるミッションだ。


2019paris-012.jpeg


saint jamesのボーダーのTシャツも買った。
JO MALONEの香水も買った。
あ。あとPHILIPPE AU DIBERTの銀のブレスレットだ。

お店に入ると誰もいない。
奥からおじさんが出てきたのでiPhoneの画像を見せて
「こんなの探してるの」と言うとすぐに「あ。これね」
見つかった。

包装してもらっている間に他の商品を見せてもらった。
お客さんが入ってきた。

「あ、ここ!見つけた!」日本人だった。

銘子はちょうどおじさんに説明してもらってたところだったので
あえて自分が日本人だと言うこともないか、と思って
澄まして「さようなら」と店を出ようとしたそのとき!

ゴツン!

磨き上げられたガラス戸に激突。
開いていると勘違いしたのだ。
その戸を開けて店に入った銘子であったが。

おでこを強打。
「痛っったぁーーーっ!」咄嗟に日本語が出てしまう。

「大丈夫ですか、マダム!」

「痛ったー!(日本語)
 大丈夫です(フランス語)
 ごめんなさい(フランス語)
 ああ、びっくりした(日本語)」

ちゃんぽん。

窓についたおでこの油を拭こうとすると
おじさんが「いいよ、いいよ」と止めてくれた。

「ありがとう、さようなら」
「さようなら、気をつけて」

多分、お店の中の日本人カップルは失笑してたに違いない。

そして荷物を置きに宿に戻った。
その途中で花屋でミモザを買ったので飾ってみる。
いい感じ。


2019paris-020.jpeg


宿の界隈を散策しようと部屋を出るとフロントの朝のおじさんが手招きをする。

「チェックインの時にパリ市税をもらってないみたいなんだよねー」
「え?」

宿泊代はすでにカード決済されているのだが、市税は宿で支払うことになっていた。
銘子はチェックインの時に何も言われなかったから出発の時の精算時に支払うのだと思っていた。

どうも昨夜、深夜の電話は「市税払って!」の電話だったようだ。

そこで決済終了。これで安心。

再び散策開始。大きなPHARMACIEがあったので
ここでまた頼まれていたプチプラコスメを大量買いする。

パン屋さんもあったのでバゲットを買う。
1本で1.74€だった。昨日のお総菜パン、高すぎる!!

買物に走り回ったからか昼を食べ損ねたので夕食をしっかりとろうと
またMONOPRIXで食材探し。

そうだ。ステーキにしよう。

お肉売り場にいたお兄さんに、

「ステーキ用のお肉って…?」と尋ねてみると
「これだね」と指差してお兄さんは親指を立てた。

「じゃあ、150gください」

「よっしゃ」


2019paris-015.jpeg


脂が巻いてある。


2019paris-014.jpeg


1kg 45.40€だから、1枚 \873なりー。
付け合わせのジャガイモにモロッコいんげん、玉ねぎは袋入りだったので
ポロ葱で代用することに。サラダ用の葉っぱにトマトにレモン…


2019paris-013.jpeg


ジャガイモはピュレに、インゲンはバターソテー。
ニンニクはひとかけだけ持ってきているもんねー。


2019paris-016.jpeg


お肉は巻いてあった脂を少し炙ったところに投入して
ミディアムレアに。

生野菜にはレモンと塩胡椒にオリーブオイル。


2019paris-017.jpeg


塩とチューブわさびは持ってきたものを。


2019paris-018.jpeg



赤ワインも開けて…


2019paris-019.jpeg


美味しい1日目の夕食でした!









posted by Avril at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2019年パリ迷い歩き その2

2019paris-002.jpeg


ちょこっと免税店で買物をし、やっと機上の人になった銘子。
今回は行きはKLMなのでアムステルダム乗り換えだ。
いよいよ始まる!

高鳴る旅の思い…眠れない。
銘子は機内で映画を4本も観てしまった。

ALLI 〜STAR IS BORN
検察側の罪人
銀魂2
コーヒーが冷めないうちに

ALLIは何度もリメイクされているお話。
前回はバーブラ・ストライサンド主演だったよなー。
で、今回のレディー・ガガバージョンでも切なくて
そして歌唱に魅了されて。
筋は分かっているのにいいのだなぁ。

検察側の…はキムタクと嵐の二宮くんが好演。
銀魂は沢山の俳優さんが真剣におちゃらけているのが面白かった。
コーヒーが冷めないうちに、はいくつかのエピソードが
重ねられていくのですが、認知症の奥様(薬師丸ひろ子)のお話が出てきて
ツボにはまってしまい。号泣。声が出てしまった。

また違った方向から母を思い出してしまったようで。

4本映画を観るとヘッドホンで耳が痛くなる。
さすがに観すぎたかも。

アムステルダムではあっという間に乗り継ぎの1時間半が過ぎ、
雨のParisへ到着。

すぐにタクシー乗り場へ。
かなり整備されていてタクシーは一列になって次々とお客を乗せていく。

金曜日の雨の午後6時過ぎ。かなりの渋滞。
ごついアフリカ系のおじさんは車内でずっとパーカッションの音楽を
かけてました。アフリカの音楽のような、そうでないような。
太鼓のリズムで…猛烈に眠くなる。

1時間以上は経っただろうか。
やっと市内に入ったようだ。少し眠気が飛んだ。

「マダム、Motte Picquetの駅のそばですよね?」

おじさんが急に話しかけるので

「ああ、そうです。マクドナルドの隣だと思います」

「ええ?フランス語話せるのですか?」

「あ、少しだけ」

な〜んや、それやったら渋滞の間、話したのに〜、と
おじさんは弾丸トークに入ったがすぐに宿近くに着いたようだ。

「また空港に戻るのですか?」と問うと

「まさか!今夜は市内を回るよ」とおじさんは苦笑い。

荷物を降ろしてもらってさて料金を払おうと60ユーロだしたら
お釣りは帰ってこなかった。まあ、渋滞だったしね。

55ユーロ定額になった、というのはどの条件の時なのだろうか?

チェックイン。
今回の宿はホテルではなくアパルトマン形式。
キッチンが付いている。

タオルや諸々の替えが置いてある場所の説明など受けて
いざ、部屋に。


2019paris-003.jpeg


ベッドはキングサイズかな?


2019paris-004.jpeg


キッチンはオール電化。冷蔵庫と食洗機もある。


2019paris-005.jpeg


トイレにはもちろんウォシュレットはないので…
今回は100円ショップでペットボトルに装着する
簡易ウォシュレットを持参。


2019paris-006.jpeg


あら。嬉しい。浴槽がついてる!

そして部屋の窓からは…MONOPRIXが見えるではないですか!


2019paris-007.jpeg


まだ店は開いている時間なので早速買い出しに。
パン屋さんは閉まっていたのでお惣菜パン(2.99€)を買いました。
高い!


2019paris-008.jpeg


これで大体27ユーロくらい。
オリーブオイルに炭酸水、牛乳、卵6個入り、ミネラルウォーター
オレンジジュース、ヨーグルト、ビール(1664)!
惣菜パンにブルーベリーの量り売りとバター。

シャワー浴びたら速攻で眠りに落ちましたとさ。







posted by Avril at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2019年パリ迷い歩き その1

2019paris-001.jpeg


3月8日、出発の朝。銘子は支度を終えて部屋を見回した。

準備よし。


あ。缶ビールの空き缶を部屋の外にだしておかないと。

ベランダの仮ゴミ置場からもどった途端にインターフォンが鳴った。

7時に予約してあったタクシーが到着したようだ。


いってきます。部屋を出るときに銘子は小さく呟いた。


タクシーに乗り、走り出した途端に運転手のおじさんが話しだした。


「ナビでお宅を指定したら、えらいややこしい道行け、言うんですわ。

言う通りにしたけど、来てみたらもっと簡単な道あったの分かったんですけどね」


「あ。そうですか。すみません」


「いやー、お客さん、良かったですわ。ほんまに綱渡りですねん、うちの配車」


「え?」


そこからやけに内部の話をしだす。

その話の合間に銘子はおずおずと言ってみた。


「あのう…昨日、予約した時は『ちょうどお車ございます』

って言ってくれましたけど」


「なにが『ちょうど』って?そんなん言うてましたか?

綱渡りみたいなもんでっせ。この7時ってのがややこしいんですわ」


「ややこしい?」


「みんな朝は眠たいでしょ?それでなくても運転手少ないとこにもってきて、

みんな遅めに出るからこの時間は車が少ないんですわ。

うちは6時、6時半、7時、7時半、8時出社でそこから18時間勤務。

私は今日は0時まで。会社は午前2時までの営業ですわ」


「あ。24時間営業じゃないんですね


「郊外のタクシー会社は大抵そんなもんでっせ。

もっと早くに仕舞うところありますからねー。

で、私が駅の先頭におったら指示きてここに来ましたんですけど、

この時間に駅で待ってたらいつも乗りはるお客さんいてましてね、

その人乗せてたら誰もこの7時のお迎え来られへんとこでしたんですわ」


なんだかよく分からないけど恩を着せられてる感じがする。

話題を変えようと目の前に掲げてある広告をみて銘子は言った。


「最近、スマホアプリから今いる現在地に配車してもらえるようになったんですねー?」


「それがですがな」


え。墓穴掘った???

おじさんはここぞとまた新しい話題で愚痴りだした。


「呼び出しあって、そこに着いたらお客さんいてはらへんこと多いんでっせ。

呼び出しといて流しのタクシー来たらそれに乗ってしまうんですわ」


あらあら。


「呼び出しは駅で並んでる先頭車に来るんですね。

長いこと待って待って、やっと先頭に来たと思ったら…

呼び出されて指定場所に行っても誰もおらへん。

駅に帰ってきてまた並び直すって悲惨でっしゃろ」


ああ、ほんとに。


「それにこの配車アプリは住所しか出えへんのですわ。

建物の名前が分かったらシュッと行けるところを

ナビ見ながら行って、ああ、この病院やったんや、って感じ。

住所だけやからゴールの旗立つのは必ずしも正面とは限らへん。

ナビに裏口に連れていかれて一方通行で難儀するとかありまんねん」


延々とおっちゃんの愚痴を聞いているうちに空港バスの乗り場に着いた。

軽い疲れを覚えながら、いざ、出発だ!



続きを読む
posted by Avril at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2019年05月06日

連休終わりー

20190505-1.jpeg


史上初の黄金週間でした。
私は9連休。
昨日は友人が来てくれて我が家でランチしました。

まずはスーパーで待ち合わせて…買い出しです。

ちょうどうちに沢山の筍があったので『筍のパエリア』にしよう!
ということになりました。

あさり、丹波しめじ、トマト、アスパラ、牡蠣を買い込んで来ました。
仕上げにバーナーで炙って出来上がり。

サラダは手抜きで出来合いのローストビーフサラダを買ってきました。


20190505-2.jpeg


おいしいおいしい昼下がりでした。

そして、今回の連休のイベントがもう一つ。
このマンションに住みだして14年を迎えます。
そこで古くなった襖を張り替えることに!!

前もってネットで壁紙を買っておきました。
うちの襖は『本襖』ではなく、どうも『発泡スチロール』のようで、
これだと古い襖紙の上から壁紙を貼るという方法になるのでした。


20190503-1.jpeg


経年劣化で紙が灼けています。


20190503-2.jpeg


やるっきゃない。
取手も取り外します。


20190503-3.jpeg


発泡スチロール丸出し。
適当に両面テープを貼っていきます。


20190503-4.jpeg


失敗しながら…何とか完成!
半日仕事でしたとさ。


20190503-5.jpeg


部分的にたわんでしまったところもあるけれども部屋が明るくなったので
良しとしましょう。


20190503-6.jpeg


取手も紙に合わせて変えてみました。


20190503-7.jpeg


やり直したい部分もありますが、当分はやりたくない!
翌日からひどい筋肉痛で参りましたとさ!

一人で貼るのに多分アクロバティックな体勢になっていたのでしょうね。
今回の連休中に襖の張替えと断捨離しようと思ってたけど、筋肉痛のために
襖だけで断念となりました。

お盆休みに大掃除と断捨離、かな?

ああ、明日から社会復帰か。出来るかなー。ぼちぼち行きまっしょい。


続きを読む
posted by Avril at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月02日

春ですねー

20190402-1.jpeg


筍の季節到来!
毎年、お取り寄せする筍が届きました。


20190402-2.jpeg


小さい小さい筍です。
早速皮ごと茹でました。
茹でている間の香りも好きです。
さあ、剥いてみましょう。


20190402-3.jpeg


こーんなに小さくて…でもとても柔らかいのです。
一部は煮物にし、その一部は木の芽和えにします。
煮物の煮汁で筍ごはん炊きました。

今回は茹でた筍をスライスして焼き筍にしてみました。
わー、筍御膳の出来上がりー。


20190402-4.jpeg


木の芽味噌をたっぷり作ったので焼きあがった筍に塗ってみました。
ああ、春の喜び。焼き筍は塩でも美味しかったです。

月末の月命日には間に合わなかったけど、母にも初物を、と
筍ごはんを供えましたとさ。


20190402-5.jpeg


4月末ごろにはもっと大きな筍が届きます。
楽しみー。おかーさんにもお供えしますからね。
待っててねー。







posted by Avril at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!

2019年03月03日

そういえば、ひな祭り 2019

20180303-1.jpg


今日は『父詣で』の日。
お昼は冷凍庫に前から入ってた『鮭のペースト』を使って
『鮭とイクラの親子丼』にしようということになってました。

買い出しに行ったスーパーで『イクラ』を調達して父が準備してくれてた
ご飯が炊きあがるのを待ってのお昼ごはん。

あら。なんだか硬い。ちょっとだけ水加減が少なめだったようです。
すし飯にしてもまだ少し硬い。

とりあえずは美味しく親子丼を食べたのですが、残りの硬いすし飯を
どうしましょう。

父の冷蔵庫を覗いてみると『ちらし寿司の素』を発見!

高野豆腐をさっと炊いて細かく刻んで合わせてざっと混ぜて
なんちゃって『ちらし寿司』の出来上がり。


20190303-2.jpg


そういえば今日はひな祭りでしたね。
ちょうど良かった!

そして夕食では父からミッションが。
『たらば蟹』の足5本あるのでこれを調理してくれ、と。

2本はバター焼に。


20190303-3.jpg


残りの3本は蟹グラタンにしました。
大きめのグラタンと小さな器のグラタンの2つ出来ました。
大きめは一緒に食べて、小さいのは明日の朝ごはんにするそうです。


20190303-4.jpg


ちらし寿司と蟹のバター焼きとグラタン。
奇妙な取り合わせでしたが父はグラタン好きなので喜んで食べてくれました。

雛人形はもうないけれども(摂南大学主催のひな祭りイベントがあったのです)
思いがけずの父と二人のひな祭りでした。





posted by Avril at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記