2015年09月30日

秋の恵み

20150930-1.jpg


先日、伯母が母の面倒を見にやって来てくれました。そのお土産にもらった
『栗』。鬼皮は剥いて、渋皮にしてくれていたけど、今の私に渋皮煮する
気力がないので今回は『栗ごはん』にしました。

ごはんに合わせてみるとちょびっと寂しかったのでサツマイモも加えました。

秋はいいですねー。

そうそう、先日ドライブした時に撮った写真をアップルのソフトで
アルバムにしてみました。


20150930-2.jpg


27日の日曜日に写真をレイアウトしたものを送信して、今日30日に宅配便で届きました。
旅館の中の写真やお料理がちりばめてあるのでなんとなく、カタログみたい。

記念に親の分と私の分の二冊作りました。

なぜ今まで思いつかなかったんでだろう。
写真を紙焼きしたり、ディスクに焼いたりしても親の世代はあんまり
それをどうこうしないのです。
これからはこうしてまとめていこうと思いました。省スペースだしコンパクトだし。

オススメです!




posted by Avril at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!

2015年09月27日

お初のメンバーでのFête

20150923-.jpg


ひょんなことからうちへお招きすることになり開催されました
持ち寄りパーティー。

イタリアンのシェフ夫妻と和食のマスターがそれぞれ
お料理を持ってきてくださるのです!!
プロですよ、プロ。ちょびっとお招きする私も緊張気味。

持ってきてくださるお料理を前もって聞いていたので
私はキャベツときゅうりのサラダをそれぞれ作って待ちました。
シャンパンとワインもスタンバイ。

じゃ〜〜ん。やってきたのは『おでん』!

マスターの好みでつゆが甘口なのだとか。
ゆったり煮込んだ具材が美味しそう。


20150923-1.jpg


シェフは具材を持参してこられてうちでリゾットを作ってくださいました。
なんと!松茸のリゾットです!!

ぷりっぷりのお米。
しっかり完食させていただきました!!


20150923-2.jpg


シェフは、食べきれないことを予測して『牛タンのワイン煮込み』は
一人ずつパウチして持ってきてくださいました。

引き続き、サーモンのクリームパスタに
鯛茶漬け。

和洋折衷、発泡酒にシャンパンに白ワインに赤ワイン。
入り乱れてのランチです。


20150923-3.jpg


この鯛茶漬けあたりから記憶が怪しいのです。。。

日が傾く前に宴はお開き。
でも片付ける前に私はちょびっと横になって休憩。
さすがに飲みすぎましたー。

で、最後に後日パウチを湯煎していただいた際の写真です。
写真はいまいちだなー。

でもお味は最高。

楽しかった宴を思い出しつつ頂いたのでした。


20150923-4.jpg










posted by Avril at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | la fête

爆走! 1200km!

20150922-1.jpg


シルバーウィークが終わっての週末、日曜日でございます。
19日は仕事だったのですが、20日から二泊三日でドライブ旅行に行ってきました。
やっと写真を整理してブログの更新です。

この19日に76歳の誕生日を迎えた父が全行程運転しました。
爆走!1200kmです。

運転代わろうか?と聞いても首を縦に振らないのです。
運転していても疲れないのだそうで。
お言葉に甘えて私は母のお世話係に徹しました。

もちろん、不測の事態に備えて昼間のビールは控えましたけどね!

中国縦貫道でぐんぐん飛ばして山口県へ。

サービスエリアでは2時間おきに休憩して夕方5時過ぎにチェックイン。

あこがれの『別邸 音信』です。


20150922-2.jpg


廊下は畳敷きなのでスリッパを履かなくてもいいのです。
母が借りた車椅子も木製でとても優しいフォルム。
いろいろなところに気遣いが感じられる素敵なお宿でした。


20150922-3.jpg


ベランダにはソファーもあってゆったり楽しめそうなのですが
夕方チェックインしてすぐにお風呂に入らないと夕食時間が来る!と
いうことでお部屋を満喫するところまではいきませんでした。
残念!

父は大浴場へ、母と私はお部屋の露天風呂に直行!!

夕食は食堂に移動して…和食です。
お品書きとにらめっこして次は何?と楽しめる内容でした。
写真はお刺身と…


20150922-4.jpg


鱧のお鍋ですね。


20150922-5.jpg


お腹いっぱいで部屋に戻ったら母はすでにおねむ。
いつも19時半〜20時には寝ているところが、すでに22時。

慌ててベッドに入ってもらいました。

私は冷蔵庫のビールをちびりちびり飲みながら本を読んでおりました。
母の寝返りを2〜3時間ごとにしていましたがさすがに4時前にダウンして
寝てしまいました。

それでも6時半には目覚めてしまうのですね。

母を朝風呂に入れて朝食です。


20150922-6.jpg


母は洋食をチョイス。
中居さんの気配りで母の分だけ一口大に食材がカットされていたり
気配りが心にしみます。


20150922-7.jpg


いつもの長距離ドライブでは母は不機嫌になってシートベルトを外そうとしたり
文句を言うのですが、今回はおとなしくよく寝てくれました。
寝ている間に距離をかせぐので、母にとってのドライブ時間は短かったかも。

山口県から瀬戸内に向かって、『しまなみ海道』を走ります。

時速100km +??km 越えの窓からiPhoneを落とさないように
必死で支えてとった写真がこれ。

おとーさん、飛ばしすぎやって。


20150922-8.jpg


紙おむつを使用しているので安心は安心なのですが
やはりトイレで済ませることが大切なので、休憩の度にトイレに入ります。

今回はサービスエリアのトイレの美しさに感動してしまいました。

母とは主に車椅子マークの扉のトイレに入ります。
これだと二人で入っても余裕なので。

一番新しいトイレではボタンを押したらトイレットペーパーが
勝手にたぐり出て、自動でカットされてトレイに落ちてきました。
ここまで来てるんですねー。

これは母と入った多機能トイレでのことなので、たぶん手が不自由な人を
考慮されたものでしょう。しかし…すごいなー。


20150922-9.jpg


四国に渡って、愛媛の道後温泉を目指します。
素敵なお宿『別邸 朧月夜』でした。

ここに向かう前に今治市の『タオル美術館』に寄ったりしたので
チェックインがまたまた夕方6時前!

慌ててお風呂に入りました。

ここもお食事は食堂へ足を運びます。
母の介添えしながら食事するときはお座敷の座椅子に座ってよりも
テーブル席の方がやりやすいので大歓迎です。

こちらもお品書きが目白押し。


20150922-10.jpg


20150922-11.jpg


翌朝もしっかり朝食をいただいて宿を出発。
普段からは考えられない量を母は食べてくれました。
やっぱり美味しいのでしょうね。


20150922-12.jpg


今回の旅行はほとんどが移動に費やされました。
休憩を何度もとるし、トイレへの移動もゆっくりになるので
観光はほとんどしませんでした。

道後温泉本館も車の窓越しに写真だけ。

宿へ向かい、次の宿へ向かい、渋滞を避けて早めに帰路につく、
そう綴ると味気ない旅のように思えますが、移動中の母のちょっとした
言葉やとりとめのない会話がほっこりした三日間でした。

母はもうこの旅行のことを忘れてしまっているでしょうが
母の分も私は覚えておこうと思いました。

今度のシルバーウィークは16年後とか。

そのころの私の環境はどうなっているんでしょうね。
ま、すべてなるようになるさ。
どんどん老いていく両親といつまでこんな旅行ができるのだろうか、と
思いながら、その瞬間瞬間を大切にしたいと思います。





posted by Avril at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月13日

母と茶碗蒸し

20150913.jpg


昨日は早朝5時半に母、来訪。
顔も洗わずに、です。

ともかく寝てもらいます。

目覚めた母は、なぜ自分がここにいるのか混乱していましたが
『おとーさん、ゴルフやねん』と言うと『そうか』と納得しておりました。

顔そりとなんちゃってエステをすると母がうとうと。

今のうちに!とばかりにいなり寿司と茶碗蒸しを作りました。

いなり寿司は最近よくつくる手抜きバージョン。

いなり寿司用のレトルト味付け揚げを買ってきます。
昆布と酒少々入れて炊いたご飯に『すしのこ』を混ぜ、
買っておいた『筍の佃煮』とさっと炙った薄揚げを細かく刻んだのと、
白ごまをたっぷり混ぜ合わせたものを買ってきた揚げに
詰めて出来上がり〜。

茶碗蒸しは電子レンジで。
レシピは適当ですが一応覚書のつもりで残しておきます。

***** 茶碗蒸し(2〜3人分) *****

<茶碗蒸し生地>

だし汁   400cc
卵     1個
みりん   小さじ1
薄口醤油  小さじ1
塩           ひとつまみ

好みの具

<餡>

だし汁     100cc
薄口醤油  大さじ1
みりん     大さじ1
柚子の皮  少々
土生姜     少々
水溶き片栗粉 (水と片栗粉 1:1 各大さじ1弱)

アルミホイル

以上を用意します。

まず、だし汁を冷ましておいて、そこへ卵と調味料を入れて
混ぜます。手間をかける余裕があればこれを漉します。

好みの具、カニかまでもハムでもかまぼこでもなんでも
好きのものから穴子や百合根、銀杏など本格的なものも
器に入れてみてください。

今回は急に思いついたのでハムと刻み葱のみでした!

卵液をそこへ流し入れて(私はカフェオレボウル4個に分けます)
三つ葉や刻み葱を散らします。

器にちょうどいいサイズに切ったアルミホイルをかぶせて
器の縁をしっかり包みます。そのあと真ん中に菜箸で穴を開けます。

これらを電子レンジで加熱します。
安心してください。履いていますし、火花は散りません。

電子レンジにアルミホイル???と思う方もおられるでしょう。
でも検索してみてください。
『電子レンジで茶碗蒸し』いくらでもレシピ出てきます!

私は 500w で 5分。
それからアルミホイルの蓋を開けて中身の様子を見ながら
1分ずつ加熱します。

電子レンジに任せている間に餡を作ります。

だし汁に調味料と柚子、土生姜を加えて沸騰したところに
水溶き片栗粉を流し入れてとろみを出します。

出来上がった茶碗蒸しの表面に餡をそっと流し入れて出来上がりー。

まだ暑い日があるので、作って粗熱をとったのを冷蔵庫で冷やして
いただくってのもいいです。

簡単で美味しいので是非是非!



今回はすし飯に対しての揚げの枚数が少なかったので急遽、薄焼き卵を
焼いて『巾着寿司』にしました。この薄焼き卵には溶き卵に少しだけ
片栗粉を混ぜます。こうするとぷるん!とした感じになりますよー。

水溶きではなく、そのまんまの片栗粉ですよー。

母は巾着寿司とおいなりさん1個と茶碗蒸しでお腹いっぱいになったようです。

お昼寝してお互い通じない会話をとりとめなくしてお風呂に入って
1日が終わりました。

帰りのエレベーターに乗り込む時に無意識なのでしょうか。
母は『ありがとーな』と毎回言ってくれます。
『またおいでね』『うん』

この繰り返しがいつまでできるのでしょう。
今の私の大切な時間です。








posted by Avril at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!