2016年09月25日

お彼岸も終わり

20160925-1.jpg


シルバーウィークといわれている秋のお彼岸をはさんでの連休が
終わろうとしています。

父の誕生日祝いにこの連休中、よく母と3人で通ったお店に
(母が亡くなってから初めて)伺いました。

母との外食には必ずビニル袋とティッシュ、ウェットティッシュ、
キッチンバサミが必要でした。
噛み切れなかったものの回収や食べこぼしを拭いたり、鼻を擤んだりするのと
食べやすい大きさにカットするのにそれぞれ使うのです。

そこまでして外食しなくてもいいのかもしれませんが、そのお店に
伺うと本当に嫌な顔せず迎えてくれました。
母もそこに行くと食が細くなっていてもモリモリ食べてくれたのでした。

どうも、そこのご主人のお母様とうちの母と面差しが似ているとのことで
親近感を持ってくださっていたようです。

食後、持ち帰ろうとしたゴミの入ったビニル袋も
『そんなんこっちで捨てておくから!』と奥様がいつも明るく奪い取って
くれました。

そんなお店だったから、母がいなくなった報告を兼ねて一度行かないとね…
と父と話していたのですが、あまりに浅い時期に行くと父が
『泣いてしまう!』というので少し時間を置いておりました。

父の誕生日ということで伺うことができました。
もちろん母も(写真ですが)一緒に行きました。

お店に入るなり『おかあさんは?』と聞かれて、私が写真を指して
『連れてきましたよ』と答えるとすぐに察しられたようです。

『予約がお二人、というのでなんでやろう?って思ってたんですわ』

ご主人も奥様も驚いていらっしゃいました。

なんと奇しくもずっと療養中だったあちらもお母様もお亡くなりになっていた
のだそうです。それも母と同じ月に。

寂しくなりますね…としんみりしながらも、しっかりお食事堪能させて
いただきました。

店を出ると奥様がお見送りに出てこられて渡されました。


20160925-2.jpg


いつの間に手配されていたのでしょう。
そのお気遣いに感謝しながら帰路につきました。

そしてお彼岸。
いつものお膳に少しずつ盛りつけます。

切り干し大根、小芋のたいたん、高野豆腐、出し巻き卵。


20160925-3.jpg


卵が入っているから精進料理ではないけど、出し巻き卵は母が好きだったし。
ご先祖様もそんなに頓着してないだろー!と勝手に思ってお供えしています。

もうすぐ4回目の月命日です。
代わり映えしない内容になるかもしれないけど、おかあさんごめんね〜!

変則連休の最終日。
部屋でゆっくり刺繍を続けます。。。




posted by Avril at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177021166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック