2017年05月22日

父と過ごせば

20170522.jpg


この5月の連休に父と壱岐へ行ってきました。
母が元気な頃、

『もう一回行ってみたい宿があんねん』

そう言っていたお宿に父と行ってきました。
父が母と一緒に行った旅をもう一度なぞってきました。

のんびり過ごして帰って来ました。

週末は父のところに通っています。
土曜が出勤だと週に一度の休みがなくなってしまうので
心身ともにキツい時があります。
でもそう思うと同時にこう思うのです。

行きたくても、会いたくてもそれが出来なくなる時がいつか来るんだし。
今のうちだけだし。

母がいなくなって今まで以上にそう思うようになりました。

先日、父の家にてこんなことがありました。

薬局で買ってきたデオドラントボディシートの側面を父がガシガシ
ハサミで切っています。

『あーーーーーっ!何してるの!』

『え?ここから開けるのと違うん?』

『違うってば!上面に開け口があるでしょう?
 ここだったら開け閉めできて中のシートが乾かないでしょ?
 んもーっ!ハサミで切ってしまったら中身が乾いてしまうでしょ!!』

『ああ、そうか』


夕食どきのお話はこんなことが。

食卓用の醤油をスーパーで買ってきました。
一人だし少しでも新鮮に使いたいだろうと
『空気にふれないで最後の一滴まで使える』タイプのものを。

ちょうど食事中に醤油が切れたのでそれの封を
父が開けていました。

ばりっ、がりっ。スポン!

え?今の何の音?
父の手元から目を離していたのでふと見ると…

キャップをみごとに取り外してました。

醤油がしっかり空気に触れてしまいました。。。

『キャップの中に中栓があるんかと思って…』

一度取り外したキャップは元にはめることは出来ませんでした。

『んもーーーーっ!こういうタイプのは
 キャップのフィルムを取るだけでいいのよ。
 何のためにこの容器のを買ったんよー!!』

黙っている父。

ああ。言いすぎた。

ごめんね。慣れないものがどんどん出てきてるもんね。
便利になるのはいいけど、どう開けたらいいのか分からないものも
沢山あるよね。

おかあさん、そんな私たちをどこかで見ていますか?

おとうさん、頑張ってるよ。

おかあさん、そっちにいってからもう一年になるよ。
そちらにはもう慣れましたか?

私はまだ慣れていません。
おかあさんがいないことに。




posted by Avril at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179823017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック