2018年09月30日

スペイン食い倒れツアー '18 その3

第3章 グッゲンハイム美術館とビストロ

2月4日日曜日。しっかり眠って体力回復した銘子はゆっくりストレッチ体操を始めた。
コンコン。
ドアがノックされる。加乃だった。

「銘子さん、私お腹すいたから先に行ってますね」
「はーい」

銘子は慌てて身支度を整えてフロント階にあるレストランへ向かった。
加乃と沙織は先に朝食をとり始めていた。

ベーコンにソーセージ、フライドポテトにスクランブルエッグ。
様々な食事パン、に甘いパン。シリアルにヨーグルト。牛乳に何種類かのフレッシュジュース。
熱々のコーヒー。チーズにフルーツもある。

あ〜ん、どれから食べようか。

どれをとっても美味しい。
スペインでの第一食目!美味しい始まりに幸せを感じる。

チェックアアウト後、ホテルにスーツケースを預け、いざ、グッゲンハイム美術館だ!

軽く霧雨が降る中、タクシーを探すも乗り場を通り過ぎたのか見つからない。
さらに進むと線路にぶつかった。
近くに駅がありそうだ。そこまで行けばタクシーもあるだろうと線路沿いを歩く。

あった、あった。タクシー乗り場。
停まっていたタクシーに乗るとあっという間に到着し、正面にある緑色の巨大オブジェが迎えてくれた。
これはPUPPYという名前のわんこだそうだ。
4万本の花で飾られているのだが残念ながら、この時期の冬バージョンは少し地味なようだ。


20180930-1.jpg


まず、この美術館の形状は度肝を抜かれる。曲線だらけでどこにも直角がない。
光るチタンで魚の鱗のように覆われているからか、太陽の光を反射して眩しい。


20180930-2.jpg



「この建設現場の棟梁(?)、大変やったやろな〜」

ふと呟いた銘子に続いて沙織がかぶせる。

「ほんまに、ほんま。きっと『この図面引いた奴、頭おかしいんちゃうかー?』って文句言いながらここ作ってたわ」

「源(げん)さん、ほんまにこの板、こう切りますのん?」

「そや。しゃーないがな。ゲーリーはん(設計者)がそう言うてはるんや」

「かなわんわー」

「文句ばっかり言うてんと早よ手ぇ動かし!」

いつの間にかミニコントが始まり、棟梁の名前は勝手に『源さん』になってしまった。


20180930-3.jpg



コートと荷物をクロークで預け、館内に入る。中も曲線だらけ。
源さんの苦労が偲ばれる。。。
受付のおねえさんに確認すると、建物自体を写真に撮るのは構わないが
展示している作品の撮影は不可なのだそうだ。
一階のホワイエを突っ切って川に面した通路から一旦出てみると、
そこにはまた名物のオブジェが。でっかい蜘蛛だ。チューリップもある。
建物全体を川沿いの少し離れたところから見ると、大きな船が停泊しているように見えるとも言う。


20180930-4.jpg





20180930-5.jpg



建物の中も垂直と水平が極端に少ない。みごとな曲線、ガラスを通して降り注ぐ太陽光。
すべての作品を見て回ったのち、銘子は建物と外のオブジェ以外には感銘は受けることはなかった。
建物にお金がかかったから中にあるものはたいしたことはない、
という噂があったが銘子は心の中で「なるほど、やっぱりね」と思ってしまった。
ごめんなさい。個人の見解なのでご容赦願いたい。

展示室を見て回り、ミュージアムショップに移る。
すると一階ホワイエがザワザワしている。民族衣装に身を包んだ一団が歌い出した。


20180930-6.jpg



ミュージアムショップのおねえさんによると、その日はバスク地方の衣装を着たグループが
色々な場所に現れては昔からの民謡を唄うゲリラライブ?があるのだとか。

3〜4曲歌って集団はぞろぞろ移動していった。
立ち見で聞いていたおじいさんも誇らしげに一緒に歌っていたのが印象的だった。

ふと我に返ってミュージアムショップに戻る。
ここのショップは趣味の良いグッズがたくさんあってお土産にちょうどいい。

お次は、この美術館に併設されているビストロで食事だ!


20180930-7.jpg



実はここでクリアしなくてはいけないことがあった。
サンセバスチャンへは15時発のバスで移動することになっており、
これはすでに沙織が予約してくれている。
昼食後にタクシーを拾い、ホテルでスーツケースをピックアップして
バスターミナルへ発車30分前(14:30)には到着したい。
逆算すると、ビストロを14時には出ないといけないということになる。

沙織がビストロを手配してくれたのだが、ネット上では開店は13時からとあったそうだ。
一応13時からの予約を取り、12時から店に入れるか直談判してみようということになった。
その結果は…やはりダメだった。
13時からでないとお店は開かないのだそうだ。仕方ない。13時ぴったりに入店できるように待つ。

ゆったり食事をしたいところだが、コースでゆっくりサービスされたら2時間は軽くかかってしまうだろう。


20180930-8.jpg



すでにこの時点で三人は焦っていた。
入店し、席に着いてメニューを渡されるなり、案内してくれたおにいさんに
「時間があまりない」と沙織が英語で説明するも通じたのか通じていないのか
よく分からない微妙な表情をしている。

業を煮やした沙織が急に叫んだ。

「急いでるねん!」

日本語で。それも大阪弁で。でもこれがすんなり通じた。

「スィ(はい)」と、おにいさんが言うではないか!
そして『エクスプレスメニュー』なるものを勧めてくれた。

メインとデザートとミネラルウォーターとグラスワインが込みで22ユーロだ。

ワインは赤か白か、と尋ねられたような気がした。すかさず加乃が手を上げて
「私は赤!」つられて沙織と銘子も手を上げて「私も赤」と言った。普通に、日本語で。

「スィ」…通じた。
このメニューにはグラスワインは込みだがコーヒーはついていないので追加する。
これで安心、と料理を待つことにする。

「これ…変わってますよねー」銘子がテーブルに敷かれた紙のランチョンマットを指差した。

「ほんとに」


20180930-9.jpg



この美術館の外観をデザインに取り入れてか、ランチョンマットの上部が曲線に切り取られ、
ちょうどそこにグラスをセットしてくれるのだ。

「欲しいわ〜、これ」こういう紙製品に目のない加乃がつぶやく。

「紙だし、片付ける時には捨てるものだから頼めばもらえるのでは?」

「そうよね、言ってみるわ!」

料理は軽めで量もちょうどよく、美味しくいただけた。
食後のエスプレッソが運ばれてきた際におにいさんにお願いすると
気持ち良く新しいものを数枚持ってきてくれた。言ってみるもんだねー。

大満足でビストロを出て、美術館正面の道を渡るとタクシー乗り場がある。
ホテル経由でバスターミナルへと伝えて、三人は無事にバス発車30分前にターミナルへ到着したのであった。

さあ、1時間半後にはこの旅行最大の目的地、サンセバスチャンだ!

posted by Avril at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184557361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック