2019年02月17日

父との週末

20190317.jpg


これは節分の際の写真。
巻きたてをすぐに切って紅生姜の千切りを一つ二つ乗せて食べるのが
父の流儀。丸かぶりはしません。

美味しい、美味しいとたくさん食べてくれました。

大抵の日曜日は昼前に父が迎えにきてくれた車に乗って
スーパーで買い物をしてお昼を食べて掃除して片付けて夕食を作って
食べて片付けて送ってもらうという1日を過ごします。

特に何を話すことなく、頭に浮かんだことをポツポツ話すだけですが
最近耳の遠くなった父と話すときは滑舌よくはっきり話すように心がけています。

先日、母が夢に出てきました。
母の運転する車に乗せてもらいながら

「おかーさん、認知症やったのにこんなに運転できるようになったんやねー」
「うん、そうやでー」
「無理したらあかんから、しんどくなったら運転替わるからね」
「うん、まだ大丈夫」

一般道から高速道路を難なく運転する母の後ろに座って夢の中ですが
なんだか嬉しかったのを覚えています。
母の夢を見て目覚めた朝はなんともほんわかします。

母の夢の話を父にすると、決まって

「ふん、ふん。そうか。そんなこと出来るようになったのかー」
「元気そうか?」

まるで母の近状を聞いているかのようなのです。
とても嬉しそうに聞いている父です。

「お父さんの夢にはまだ出てけーへん」
とボヤいております。

昔から夢は見ないと言っていたし、
もし見ても起きた瞬間に忘れてしまっているのでしょう。

父も母に会いたいのでしょうね。



posted by Avril at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185571974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック