2009年03月14日

日本もこうだったら…

14.mar.09.jpg

これ、何だと思いますか?

ガソリンスタンドではないですよ〜。

フランス南西部“Gaillac(ガイヤック)”という
ワインの産地で撮ったもの('03)です。

ここはワイン工場で、仲間と見学に行ったんです〜♪

ワインを作る行程を見せてもらって、試飲させてもらって
(もちろん気に入ったワインはご購入!です)
その店内の隅にあった、この場所。

車で乗り付けたおじさんがポリタンク持ってきてました。

ポリタンクでワインを買う。

羨ましいです。。。

こんなところに住みたいもんです…。

でもここに住んだら間違いなくアル中になるだろ〜な…。




posted by Avril at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | France

2009年03月10日

月とスッポン

10.mar.09-1.jpg

カメラが入院中なので、'07秋のフランス旅行でのネタを。


これはParisでの朝ご飯『月』の方。

地下鉄のVavin(ヴァヴァン)駅前にある老舗カフェ
『La Coupole(ラ・クーポール)』。

豪華な朝ご飯を体験したく店内に入ると、パリっ!と糊のきいた
テーブルクロスの席に案内されました。

このカフェは1927年の創業以来、コクトー、ダリ、ピカソ、サルトルが
出入りしていたらしいです。それらしき風格があります。

で、メニューを見てぶっ飛び。
朝ご飯に14ユーロ!
(当時のレートは1ユーロ=165円くらい)
まあ経験のひとつだと自分にいい聞かせてそれを注文しました。

フレッシュジュースにパンが四種類。
ホール中央の柱に大きなパンのカゴがあり、フロア係のおばさんが
そこからパンを取ってきてくれます。

バターはISIGNY(イズニー)のもの。
ジャムはプラの入れ物ではなく、瓶入り。

私は朝からしっかり食べる方ですが、それでもパンを二個、
コーヒーを二杯で精一杯でした。。。
瓶ジャムと残りのパンをお昼用に持ち帰ろうか…そう思いながら
ふと見ると、さっきのフロア係のおばさんが空いた席を整えていました。

そして客がカゴに残したまんまのパンを柱の大きなパンのカゴに
ポンポン投げ入れてました。

おおおお〜っ!
堂々たる使い回し。

パンを持ち帰る気は何とな〜く失せました。。。




そして、その翌日はParisの朝ご飯『スッポン』の方。


10.mar.09-2.jpg

地下鉄Montparnasse Bienvenue(モンパルナス・ビアンブニュ)駅近くの
パン屋さんの片隅イートインコーナー。

クロワッサン・プチデニッシュ・カフェオレで4.3ユーロでした。
バターもジャムもなし。でもコーヒーはあっつあつ。
ミルクも温かいもの。

前日とほぼ10ユーロ違います〜!

たぶん常連客と見られる客にだけ『焼きたて』のクロワッサンをすすめてました。
もちろん私のはつめた〜いものでしたが。。。ま、仕方ないですよね。

で、月もスッポンもおいしかったですよ。

ところで、フランスのクロワッサンのお話。

どこかで読んだんですが、クロワッサンのまっすぐな形のはバターを使っていて
三日月のはマーガリンを使用しているのだとか。
形で区別できるように、でしょうか。

そういえば、『月』のクロワッサンはまっすぐで、
『スッポン』のは曲がってますね。

posted by Avril at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | France

2008年12月16日

ああ、食べたい!

16.dec.08.jpg

この写真は昨年パリのカフェで撮ったものです。
何だと思いますか?

これは、オニオングラタン・スープなのです!

この日は、夕方から日が暮れるまでずっとモンパルナスタワーの
屋上で写真を撮り続けて身体が芯まで冷えきってしまって…
で、これで暖をとったという訳です。

ちょっとやそっとではなくならない巨大なフランスパンが
中に鎮座していて、それがスープを吸ってポタポタなのです。
チーズもこれでもかぁぁっ!って感じに乗っかってて
温まるのですぅ〜。

寒い日には必ず思い出すスープです。

フランス語でスープは“飲む”ではなく“食べる”という
動詞を使います。まさに食べる!って感じのスープです。

作ろうっかな♪



posted by Avril at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | France

2008年10月07日

パリの焼き栗屋さん

秋です。すっかり朝夕が過ごしやすくなって
食事も温かいものが嬉しくなってきました。

スーパーに行っても秋の食材がてんこ盛りです。
大好きな栗もそこに!

さて、今日もタイトルにあるようにパリネタです。

『パリの焼き栗屋さん』と聞くと
なんかオシャレな響きで、セーヌの岸辺を
屋台で買った熱々の栗を頬張って
歩いてみたい!…なんて思いますよね。

ちょうど去年の今頃パリを訪れた私は
そんな幻想を抱きつつ町中をきょろきょろ
探してました。

するとどうでしょう!

yakiguri.jpg

どこかのスーパーのカートに
(ご丁寧に鎖までついたまま)
大きな空き缶を七輪代わりにした栗焼き装置。

怪しい〜!

値段は勿論表示無し。

栗はどこで仕入れるんだろ〜?

どうしても買う気になれずにそのまま
傍を通り過ぎてしまいました。

そして同じ幻想を抱いている友人に
「実はこんなだったよ〜!」と写真を送って
彼女の夢を木っ端みじんに砕いたのでした。

黙ってた方が良かったかな…。

でもここに載せたらもっと他の人の
夢を砕くかなあ…。

砕いたら…すみません。
あくまでネタとしての提供でした。。。

本当はもっと素敵な屋台があるのかも
しれません。。。いつか見つけられるかな?

そうそう、先日友人に手作りのマロンペーストを
頂きました。それがもう、絶品でたまんない。
早速作り方を教えてもらいました。

今の季節に一度トライするつもりです…!

写真は味見とは別にお土産で頂いた瓶詰め。
勿体なくてまだ開けらんない!

peesto.jpg
posted by Avril at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | France