2018年10月03日

スペイン食い倒れツアー '18 その4

20181003-1.jpg


第4章 サンセバスチャン満腹ツアー

ビルバオのバスターミナルの電光掲示板を三人はずっと見ていた。
15時発の『SAN SEBASTIAN』行き、もしくは
『DONOSTIA』行きがどのレーンなのかなかなか表示されない。
ちなみにSAN SEBASTIANはスペイン語で、DONOSTIAはバスク語。
どちらも同じ街の名前だ。ややこしいがこの両表記に慣れなくてはならない。
郷にいれば郷に従え、である。

「あ!出た!」

掲示板に表示されたレーンまでスーツケースを転がしていく。
バスはすでに停まっているがドアは閉まったままだ。
バスの正面の行き先表示を確認すると間違いなし。さらに出発時間まで待つ。

そして出発時間の直前に運転手がやってきて荷物入れのドアを開けた。
ぞろぞろと他の乗客がスーツケースなどを積み込んでいく。
なるほど。
客が各自で積み込むシステムらしい。
沙織がプリントアウトしてくれていた予約確認書を提示して席に着く。

それぞれ一人づつ窓際に縦一列に並んだ。
沙織が景色を堪能できるよう、全員窓側に座席を取ってくれていたのだ。
ちなみに帰りは反対方向も見られるように予約したとのこと。さすがである。

バスは定刻に発車。
風景は市街地からすぐに牧歌的なものへと変わる。
山の斜面では所々で羊が放牧されている。車窓を楽しむ。

きっかり予定通りにサンセバスチャンのバスターミナルへ到着。
地下の降り場からエレベーターで地上に出るとすぐタクシー乗り場が見つかった。
すかさず加乃が聞く。

「銘子さん、あれ!準備OK?」

「もちろん!」

ホテルの名前と住所はノートに大きく書いてある。
後部座席からそれを見せると運転手はすぐ頷き、アクセルを踏んだ。

あっという間にホテルに到着。小さなペンションのようだ。
旧市街に面した通りにあり、便利そうである。


20181003-2.jpg


受付のおにいさんにそれぞれ部屋の鍵をもらう。
加乃の部屋は『LABOA』、沙織の部屋は『HEGOAK』で、
そして銘子の部屋は普通に『201』。
かなり不思議でランダムな命名である。おにいさんが説明してくれた。

このホテルのオーナーが好きな歌手が『LABOA』で、
その人の曲で好きなのが『HEGOAK』というのだそうだ。
名前は個性的だが、『LABOA』も『HEGOAK』も『201』も
部屋はほとんど変わらぬ作りなのだった。


20181003-3.jpg


一息入れて、いざ、ピンチョスツアーに出発だ!
徒歩ですぐの場所にある『Mimo クッキングスクール』が
展開しているツアーに参加するのである。
これは日本からネット予約しておいたものだ。
初めての街で山のようにあるピンチョスの店を効率的に廻るためこれを利用するのである。

カーキ色のコートを着たかなりパワフルな感じの女性が現れた。

「はーい!お腹空いてる〜?」

ガイドのルルドさんはクッキングスクールで料理を教えたり、
ピンチョスツアーを引率している、この旧市街出身のママさんである。
ロンドンに住んでいたこともあって英語が流暢である。
おのずと全編英語のツアーとなる。

銘子は英語がよく分からないので、加乃と沙織の後ろについていく。。

「はーい、こっちにいらっしゃーい!」

勧められるままカウンターの席に着くと、ルルドさんがグラスを並べ始めた。

「白がいい?それとも赤?」

「じゃあ…白を…」

我々3名とあと2名が合流して合計5名のツアーとなるようで、
揃うまで飲んで待っていよう、ということらしい。

がっつり注いでくれる。

ホテルの朝食をしっかり食べてから美術館のビストロでランチ。
移動はほとんどバスとタクシーだったのでお腹が空いていない不安を抱きながら
ワインをちびちび飲んでいると…若い男女二人連れが現れた。

オーストラリア出身のカップルで世界一周の途中で立ち寄ったとか。
バックパッカーというよりも洗練された、いわゆる『シュッとした二人連れ』である。
若くして世界一周…なんの仕事してるんだろうか?

いや、世界は広い。いろいろな人がいるのだ。
軽く談笑したのち、さあ、出発だ!


20181003-4.jpg


地元っ子のルルドさんはどこに入っても知り合いがいるようで、
勝手知ったる店とばかりにさっさと5人分の席を確保してくれる。

最初の店に入る。
やっぱりバスクでの第1杯目は『TXACOLI(チャッコリ)』でしょー!と
ルルドさんがいうので全員それにする。

白の発泡ワインのようで、これのグラスへの注ぎ方がすごい。
水芸のようだ。右手でボトルを高々と掲げ、
左手にグラスを持って大きく腕を開きながらおじさんは瓶の注ぎ口を凝視している。
グラスは見ていない。でもこぼさない。プロだー。
液体は大きな弧を描いてボトルからグラスへ注がれる。

この高い位置から注ぐことで、細やかな泡が立ち、香りも開くのだそうだ。

この飲み物にそれぞれ2個ずつピンチョスがやってくる。
『ししとうをシンプルに炒めて塩で味付けしたもの』と
『エビのソテーにたっぷりオリーブオイルをかけてバゲット風のパンの上にのせたもの』の2種類だった。


20181003-5.jpg


ししとうが旨い。シンプルでいい。


20181003-6.jpg


そして次のピンチョスをかじると、パンがふわっとエビと一緒にちぎれる。
上に乗せる具材と柔らかさが合ったパンなので同時に噛み切れるのだ。
さりげないが、なかなかの気遣いである。

具材だけがびろ〜んと全部口に入ってきたりしないのだ。すばらしい。

エビにかかったオイルが指にまとわりつく。ここでルルドさんが一言。

「はーい。指や口をぬぐった紙ナフキンは床にポイっと捨ててね」

足元を見ると丸まったナフキンが転がっている。
これが多い店ほど繁盛しているということなので気にせずポイポイせよ、と。

幼い頃からゴミはゴミ箱へと躾けられて育った日本人三人には
かなりの抵抗があるが…ここは郷に入れば従うのみ、
とそっと足元に『置きに行く』のであった。


20181003-7.jpg


「はーい、次の店に行くわよー」

次の店でも飲み物1つにピンチョス2つがノルマ(?)である。
めくるめく海鮮、肉、野菜。4軒目でもうギブアップ状態になりつつあった。


20181003-8.jpg


20181003-9.jpg


20181003-10.jpg


20181003-11.jpg


20181003-12.jpg


20181003-13.jpg


20181003-14.jpg


オーストラリアからやって来た二人ももう無理!
ということで最後はデザートのお店になった。

「えーっ?もうお腹いっぱい?だめじゃ〜ん!まだもっと行く予定だったのにー!」
みんなが手をつけられなかった皿を平らげながらルルドさんは言った。

最後の店でデザートをいただき、解散となった。


20181003-15.jpg


親切にも、後でどの店に入って何を食べたかメールしてくれるそうだ。
店の名前もすべて記してくれるそうなので再訪可能だ。

飲み過ぎと食べ過ぎで疲労困憊の三人は
それぞれホテルの部屋に入った途端にベッドに倒れこみ、
シャワーも浴びずに一日が終わったのだった。


posted by Avril at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2018年09月30日

スペイン食い倒れツアー '18 その3

第3章 グッゲンハイム美術館とビストロ

2月4日日曜日。しっかり眠って体力回復した銘子はゆっくりストレッチ体操を始めた。
コンコン。
ドアがノックされる。加乃だった。

「銘子さん、私お腹すいたから先に行ってますね」
「はーい」

銘子は慌てて身支度を整えてフロント階にあるレストランへ向かった。
加乃と沙織は先に朝食をとり始めていた。

ベーコンにソーセージ、フライドポテトにスクランブルエッグ。
様々な食事パン、に甘いパン。シリアルにヨーグルト。牛乳に何種類かのフレッシュジュース。
熱々のコーヒー。チーズにフルーツもある。

あ〜ん、どれから食べようか。

どれをとっても美味しい。
スペインでの第一食目!美味しい始まりに幸せを感じる。

チェックアアウト後、ホテルにスーツケースを預け、いざ、グッゲンハイム美術館だ!

軽く霧雨が降る中、タクシーを探すも乗り場を通り過ぎたのか見つからない。
さらに進むと線路にぶつかった。
近くに駅がありそうだ。そこまで行けばタクシーもあるだろうと線路沿いを歩く。

あった、あった。タクシー乗り場。
停まっていたタクシーに乗るとあっという間に到着し、正面にある緑色の巨大オブジェが迎えてくれた。
これはPUPPYという名前のわんこだそうだ。
4万本の花で飾られているのだが残念ながら、この時期の冬バージョンは少し地味なようだ。


20180930-1.jpg


まず、この美術館の形状は度肝を抜かれる。曲線だらけでどこにも直角がない。
光るチタンで魚の鱗のように覆われているからか、太陽の光を反射して眩しい。


20180930-2.jpg



「この建設現場の棟梁(?)、大変やったやろな〜」

ふと呟いた銘子に続いて沙織がかぶせる。

「ほんまに、ほんま。きっと『この図面引いた奴、頭おかしいんちゃうかー?』って文句言いながらここ作ってたわ」

「源(げん)さん、ほんまにこの板、こう切りますのん?」

「そや。しゃーないがな。ゲーリーはん(設計者)がそう言うてはるんや」

「かなわんわー」

「文句ばっかり言うてんと早よ手ぇ動かし!」

いつの間にかミニコントが始まり、棟梁の名前は勝手に『源さん』になってしまった。


20180930-3.jpg



コートと荷物をクロークで預け、館内に入る。中も曲線だらけ。
源さんの苦労が偲ばれる。。。
受付のおねえさんに確認すると、建物自体を写真に撮るのは構わないが
展示している作品の撮影は不可なのだそうだ。
一階のホワイエを突っ切って川に面した通路から一旦出てみると、
そこにはまた名物のオブジェが。でっかい蜘蛛だ。チューリップもある。
建物全体を川沿いの少し離れたところから見ると、大きな船が停泊しているように見えるとも言う。


20180930-4.jpg





20180930-5.jpg



建物の中も垂直と水平が極端に少ない。みごとな曲線、ガラスを通して降り注ぐ太陽光。
すべての作品を見て回ったのち、銘子は建物と外のオブジェ以外には感銘は受けることはなかった。
建物にお金がかかったから中にあるものはたいしたことはない、
という噂があったが銘子は心の中で「なるほど、やっぱりね」と思ってしまった。
ごめんなさい。個人の見解なのでご容赦願いたい。

展示室を見て回り、ミュージアムショップに移る。
すると一階ホワイエがザワザワしている。民族衣装に身を包んだ一団が歌い出した。


20180930-6.jpg



ミュージアムショップのおねえさんによると、その日はバスク地方の衣装を着たグループが
色々な場所に現れては昔からの民謡を唄うゲリラライブ?があるのだとか。

3〜4曲歌って集団はぞろぞろ移動していった。
立ち見で聞いていたおじいさんも誇らしげに一緒に歌っていたのが印象的だった。

ふと我に返ってミュージアムショップに戻る。
ここのショップは趣味の良いグッズがたくさんあってお土産にちょうどいい。

お次は、この美術館に併設されているビストロで食事だ!


20180930-7.jpg



実はここでクリアしなくてはいけないことがあった。
サンセバスチャンへは15時発のバスで移動することになっており、
これはすでに沙織が予約してくれている。
昼食後にタクシーを拾い、ホテルでスーツケースをピックアップして
バスターミナルへ発車30分前(14:30)には到着したい。
逆算すると、ビストロを14時には出ないといけないということになる。

沙織がビストロを手配してくれたのだが、ネット上では開店は13時からとあったそうだ。
一応13時からの予約を取り、12時から店に入れるか直談判してみようということになった。
その結果は…やはりダメだった。
13時からでないとお店は開かないのだそうだ。仕方ない。13時ぴったりに入店できるように待つ。

ゆったり食事をしたいところだが、コースでゆっくりサービスされたら2時間は軽くかかってしまうだろう。


20180930-8.jpg



すでにこの時点で三人は焦っていた。
入店し、席に着いてメニューを渡されるなり、案内してくれたおにいさんに
「時間があまりない」と沙織が英語で説明するも通じたのか通じていないのか
よく分からない微妙な表情をしている。

業を煮やした沙織が急に叫んだ。

「急いでるねん!」

日本語で。それも大阪弁で。でもこれがすんなり通じた。

「スィ(はい)」と、おにいさんが言うではないか!
そして『エクスプレスメニュー』なるものを勧めてくれた。

メインとデザートとミネラルウォーターとグラスワインが込みで22ユーロだ。

ワインは赤か白か、と尋ねられたような気がした。すかさず加乃が手を上げて
「私は赤!」つられて沙織と銘子も手を上げて「私も赤」と言った。普通に、日本語で。

「スィ」…通じた。
このメニューにはグラスワインは込みだがコーヒーはついていないので追加する。
これで安心、と料理を待つことにする。

「これ…変わってますよねー」銘子がテーブルに敷かれた紙のランチョンマットを指差した。

「ほんとに」


20180930-9.jpg



この美術館の外観をデザインに取り入れてか、ランチョンマットの上部が曲線に切り取られ、
ちょうどそこにグラスをセットしてくれるのだ。

「欲しいわ〜、これ」こういう紙製品に目のない加乃がつぶやく。

「紙だし、片付ける時には捨てるものだから頼めばもらえるのでは?」

「そうよね、言ってみるわ!」

料理は軽めで量もちょうどよく、美味しくいただけた。
食後のエスプレッソが運ばれてきた際におにいさんにお願いすると
気持ち良く新しいものを数枚持ってきてくれた。言ってみるもんだねー。

大満足でビストロを出て、美術館正面の道を渡るとタクシー乗り場がある。
ホテル経由でバスターミナルへと伝えて、三人は無事にバス発車30分前にターミナルへ到着したのであった。

さあ、1時間半後にはこの旅行最大の目的地、サンセバスチャンだ!

posted by Avril at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2018年09月27日

スペイン食い倒れツアー '18 その2


20180928-1.jpg


第2章 寒い…2G

ウェルカムシャンパンにはアミューズが添えられてきた。
すばらしい。

しばらくして始まった食事にも大満足。

ワインを選ぶにも、白だったらこっちとこっちのどっち?
と、ソムリエが席までボトルを持ってきて説明してくれる。

赤でも泡でもそれぞれ選択肢があるのだ。
ああ、たまんない。


20180928-2.jpg


白ワインで前菜をいただき、赤ワインでメインの牛肉の煮込みをいただき、
その流れでチーズもいただきます。デザートのシャーベットもおいしい。


20180928-3.jpg


今回乗った飛行機にはファーストクラスはないようで、
ビジネスが最前列という初めての状況。
その最前列のトイレに入って銘子は驚愕した。

ひ、広い…

最前列のトイレは通路と通路の間のスペースを丸々使っているから
見たことないほど広いのだ。エコノミーだとたぶん二つに仕切れる大きさだ。
銘子は、どのクラスであっても飛行機のトイレは同じ大きさであって、
ただ、クラスによって一つのトイレの割振り人数が違う
(例えばファーストだったら
10名で一つを使用し、ビジネスだったら
20名で一つ、という感じ)と認識していた。

この認識が間違っていた!

ファーストなんて乗ったこともないから
最前列がこんなになってるのは知らなんだー。
昔からこうだったのかしらん?
持ち込んだ本を読んだり、ウトウトしたりしているうちに飛行機はパリ
2Eに到着した。予定時刻よりも1時間半以上早かった。

乗り継ぎ便は2Gへ移動しなくてはいけない。
トランジットの通路に立っていた係りのお姉さんに確認すると、
道順を教えてくれ、『必ずバスに乗るように』と念押しされた。

↑ の表示を追いながらオリエンテーリング状態で進んでいく。
一人だったらきっと不安だったろうがなんせ三人だ。大船にのった気分。

矢印に誘導されてたどり着いた先にバスが横付けされていた。
ああ、これに乗れってことね。
先客は若いお兄ちゃんとおばさんの二人だけ。そこへよっこらしょ、と乗り込む。

すぐにドアが閉まって発車。曲がって坂を登って、下って曲がって、
ぐんぐん、ぐんぐん、ぐんぐん進む。
絶対に歩いては無理。お姉さん、アドバイスありがとう!!!

バスを降りてロビーに入ると閑散としている。この侘しさはなんだ?
そして暖房は入っていないと思われる。
どこに座っていても送風口から吐き出される空調の風で冷えてくる。
2月なのになぜ温風が出ないの?

「一本早いのに振り替えられへんのかなー?」

沙織が言いながら案内板を見る。
しかし一番早いのが三人の乗る予定の便だった。
5時間待つしかない。
機内でしっかり飲み食いしてあるのでもう何も入らない。
ひたすら風を避けられる場所を探しつつぼんやりしていると沙織がいない。

あれ?
沙織は待合室に面したショップで靴を選んでいる。
「セールで安いよー。このブランドでこの値段は買いやでー」

元気だ。

元気のない加乃と銘子は椅子に座ったまま靴選びをしている
沙織をぼんやり見ていた。
閑散としたロビーなので離れていても見えるのだ。

やっと搭乗が始まった。搭乗口へ向かい、いざ、ビルバオへ。

LCCのような小さな機内の荷物入れで頭をしたたか打つ。
ここでの座席は三人がバラバラになる。
銘子の隣には白人の女の子が座り、銘子に不躾な視線を送っていた。
なぜガン見?

離陸を待たずに銘子は眠りに落ちた。
ふと気がつくと、すでに着陸準備に入っていた。
隣の女の子はあんぐり口を開けて寝ていた。
歯医者の診療を受けているかのようにこちらに向いている。
その口に飴玉を放り込みたい気持ちを抑えながら
銘子は飛行機を降りる準備をした。

ビルバオ空港に降り立ち、荷物をピックアップすべく進んでいく。
通路もベンチもなんだかとてもスタイリッシュ。


20180928-4.jpg


EU圏外からの入国なので、三人の荷物引き取りレーンは違うはずだ。
係りのおじいさんに荷物のタグを見せると
ドアを開けてその向こうのレーン7へ行け、と言われる。

無事に荷物を受け取りタクシーに乗り込む。
夜も遅く、行き先のやり取りをする気力が失せていた銘子は
ノートに宿泊先のホテルの名前と住所と電話番号を
1ページに大きく書いておいた。

乗り場へ行くとタクシーが数台停まっている。
「おらー(スペイン語でhello!)」
「おらー」

すかさず運転手にノートを見せる。
すぐに理解してもらったようだ。
よし。スペイン語が話せないのでタクシーに乗るときは
この方式でいくことにしよう。

ホテルに着き、プリントアウトしてあった宿泊確認書をそれぞれ見せて
スムーズにチェックインを済ませる。
ホテルは全て事前にネット予約してある。


20180928-5.jpg


翌日の出発時間とざっくりした朝食時間を打ち合わせてそれぞれの部屋に入り、
シャワー浴びてベッドに潜り込む。
部屋はかなりスタイリッシュで快適。すぐに睡魔が襲ってきた。
ああ。終わった。明日は美術鑑賞&サンセバスチャンへのバス移動だ!

posted by Avril at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

2018年09月26日

スペイン食い倒れツアー '18

20180926-1.jpg


第1章 出発までは、ばったばた!


2018(平成30)年2月3日午前1145分すぎ、

エールフランス291便は何事もなく飛び立った。

座席ナンバー1に銘子、通路を挟んでその右に加乃、その隣に沙織が座っている。

沙織の隣は空席なので三人で一列に並んだ状態だ。


最前列で他の乗客が目に入らないので貸切り気分!


ラウンジで飲んだビールと機内サービスのウェルカムシャンパンの酔いが軽く回ってきた。


銘子は軽く目を閉じてこの旅行までのバタバタを思い起こした。




まずは昨年の夏前、加乃の一言から始まった。


「サンセバスティアンに行きたいの!」


そこはスペイン・バスク地方の街で、フランス国境もすぐ近く。

美食の街として有名である。

国際映画祭も催され、夏は高級避暑地となる。


「バル巡りをしたいのよ!」


サンセバスティアンの旧市街にはバルという形態の店が軒を連ねている。

そこでカウンターにずらりと並んだピンチョスの中から自分の食べたいものを選んで飲み食いし、

また次の店に…と食べ歩きが楽しめるのである。


NHKのスペイン語講座でここが紹介され、それを見ていた加乃の目は釘付けとなった。


ここには食べることと飲むことを楽しむ仲間と行かねば!


この話に乗ったのは銘子と沙織で、数回の打ち合わせを重ねて旅行準備を進め、

あっという間に旅行前日となったのだ。


明日は出発!と思いながら銘子が目覚めるとエールフランスからメールが届いていた。


『チェックインを済ませてください』


寝ぼけ眼のままスマホで指示通りに進んでいくと…


「ん?」


今なら¥47,280の追加でプレミアムエコノミーからビジネスにアップグレード出来るとのこと。


これは素敵な話ではないか!

さっそく加乃と沙織にそれぞれメールで知らせ、その合間に仕事をする。

そうしている間にも席は徐々に埋まっていく…。

そこへ沙織からアップグレードに成功したとメールが入る。


銘子は昼休みに入るや否やサイトに飛び込んだ。

カードで精算をするところで画面がびくとも動かなくなった!

慌ててカスタマーデスクへ電話を入れ、

なんとか席を確保できて胸をなでおろしたところへ加乃からメールが入った。


「取れなかった…」


ええええーーーっ????

どうも一定の時間が経つとそのサイトはクローズするようで

、加乃がカード番号を入力している間にタイムアウトとなったようだ。

落胆する加乃。

だが、明日早めに空港カウンターへ行き、直接交渉してみるとのこと。

席があればアップグレード出来るそうなのだ。


沙織が予約サイトで確認して、ビジネスクラスの空席はまだあるから

きっと大丈夫!と励ますが実際に席が取れるまでは安心はできない。


そして旅行当日。早めに空港へ向かうバスに乗って銘子は二人にメールした。


『今、バスに乗ったよー。では後ほど空港で!』


すると沙織からメールが届いた。


『めざましの設定を勘違いしてて、いま起きました…』


搭乗時間には間に合うが、待ち合わせ時間には遅刻してしまうので、

直接搭乗口で会いましょうとのこと。


出発までに、なかなかのバタバタではないか。


空港に着くと、加乃は席の確保に成功していた。

三人横並びで取れたようだ。

沙織からは何とか間に合うと知らせてきた。

それなら安心、ということで銘子は加乃と搭乗までの時間を楽しむことにする。


まずは手荷物検査を…と進んでいくとそこには長蛇の列が。

これだったら1時間は十分かかりそうである。

ふと、先ほどのカウンターで搭乗券と一緒にもらった

『ファースト・レーン』と書いてあるチケットを見ると

『ここより搭乗口へお進みください』とある。


『ここ、ってどこよ…?』

向かってずっと右端にある指定入り口へ行くと、

だーれも並んでいないではないか!!


さっさとレーンを通過して、向かうはラウンジだ。


いいなぁー。ラウンジ。


キンキンに冷えたビールグラスをセットしてボタンを押したら、

ガクン!と傾いてビールが自動で注がれるのだ。

徐々にグラスは立っていき、グラスが直立すると同時に注ぎが終わる。

泡は綺麗に盛り上がって出来上がり。自動のマイスターだ。ああ、家に欲しい。



20180926-2.jpg




サラダにスープ、軽くサンドイッチをつまみながらビールをごくごく。

加乃はワインとチーズとミニ蕎麦だ。


ちょうどよい時間になったので搭乗口へ向かう。

沙織はもう空港に着いたようで、当座の現金を両替してから行くので

搭乗始まったらお先に席へ!とのこと。


機内への案内が始まった。スイスイである。

加乃と銘子はそれぞれ座席に着いて荷物を整理し始めた。

そこへ沙織が到着した。ひしと抱き合う三人。

いよいよ旅の始まりである。




posted by Avril at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の立ちくらみ劇場

愛の立ちくらみ劇場 再演


お久しぶりでございます。

この2月にスペインへ行ってまいりました。

その際の旅行記がやっとまとまりました。

これから数日かけてアップしていきます。

よろしければ読んでくださいませ!


posted by Avril at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月12日

あるのですね

20180912-1.jpg


地震やらなにやら色々あるからか、ふと気づいたら仏壇の観音様の後ろの掛け軸がはずれてました。
うちは真言宗なので左から『不動明王』『観音様』『弘法大師』が並んでます。
それぞれ掛け軸がかかっています。その観音様の後ろのがこんなになってました。

先日、近所のお仏壇屋さんに行った時に聞いてみました。

そしたら…


20180912-2.jpg


あるのです、こんなキットが。

ついでに3つとも架け替えておかれては?と言われ
試してみたけど、観音様のは出来たけど、両脇のは
仏壇のその隙間に手が入らなくて断念。

ご先祖様、おかーさん、これでいいですよね。


20180912-3.jpg


汗だくで手がつりそうになりました。
でも気持ちは晴れました。

婆さんが大阪空襲の中、持ち出して逃げたと聞いてます。
大事にしなくちゃな。




posted by Avril at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月21日

マンドリンコンサート '18

20180715-1.jpg


今年もまた伺いました!
毎年恒例のマンドリンコンサート。

今回は豊中のホールなのでコンサートまでの時間は
曽根駅前のイタリアンでランチです。

まずは泡からスタート。


20180715-2.jpg


鳴門わかめが入ったフォカッチャ


20180715-3.jpg


アミューズはたっぷりのお野菜とはまぐり


20180715-4.jpg


お皿も楽しい


20180715-5.jpg


このパンはなんだったっけー?

20180715-6.jpg


これが前菜。
新鮮な魚介に野菜。
そして途中で奥のスープを加えると味変できる!
楽しい一品です。


20180715-7.jpg


スープはミネストローネをポタージュ状にしてありました。
おいしい!


20180715-8.jpg


そして平打ち麺のパスタ料理。
20180715-9.jpg


メインは豚です。
今回は内容変更で豚のフィレのローストでした。


20180715-10.jpg


食後酒はリモンチェッロをいただきました。


20180715-11.jpg


ドルチェも楽しくておいしい!


20180715-12.jpg


内容は仕入れによって変更になることもあるでしょうが
基本のランチはこんな感じ。


20180715-13.jpg


おいしいおいしいリストランテ。
また行こう。

阪急電鉄・曽根駅近くです。
la Casa Hide さんでした!

大満足のおなかをさすりながらホールへ向かいます。
真夏の日差しが痛い!

逃げ込むようにホールへ急ぎます。

そして開演。

毎年思うのは前回よりも格段に観客が増えていること。
ホールの音響も素晴らしいところに年々演奏も素晴らしくなっていて
楽しめました。

毎年販売されるコンサートのCDを求めましたが
今年は販売中止とのこと。

いつもコンサートに伺うたびに前年度のコンサートCDを買うことが
私の恒例になっていたのです。

後で聞いたところによりますと、これからは記念CDの制作になるのだそうです。

また来年が楽しみです。



続きを読む
posted by Avril at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月15日

魚介のサラダ…タルタルソース

20180715.jpg


お久しぶりです。
暑いです。
溶けそうです。

夏前からバテだしてぐったりしておりました。
体のところどころから不調の訴えがあり
とりあえず整えようと近所の整体に通いだしました。

自律神経がだいぶ狂っていたようで
通ううちに徐々に体調が良くなってきました。

体調が良くなってくると意欲もおのずと湧いてきて…

先日作ったサラダです。

最近はまっている『たくあん』や『らっきょう』と使った
タルタルソースを使ったものです。


<魚介のサラダ・なんちゃってタルタルソース仕立て>

*用意するもの*(2人分)

エビ 中くらいのもの 5〜6尾 
ホタテ        4〜5個
水菜 サラダ用 適宜
茗荷 1〜2個

小麦粉 
オリーブオイル
バター
塩胡椒
レモン

たくあん  2〜3切れ
らっきょう 3〜4個
マヨネーズ 適宜
塩胡椒 適宜

(1)エビ(背ワタをとっておく)とホタテは水でさっと洗って
水気を取り、ビニル袋へ入れ、酒を少し加えて放置

(2)水菜は洗って適当な長さに切ってお皿に広げ、
茗荷も洗って縦に千切りにして水菜の上に広げておく

(3)たくあんとらっきょうをみじん切りして
ボウルに入れ、そこへマヨネーズを加え、塩胡椒で
味を整える

*ソースがゆるい方が好きな方はらっきょうのつけ汁を加えてもいいかも!

(4)エビとホタテの入ったビニル袋に小麦粉と塩胡椒を少し入れて
全体になじませる

(5)フライパンにオリーブオイルとバターを入れて
エビとホタテをこんがり炒める

(6)焦げ目がついていい感じになったエビとホタテを
タルタルソースのボウルに入れてさっとソースをからめて
皿に盛った水菜の上に盛り付けて出来上がり!


レモンをぎゅーっと絞って召し上げれ!

思いつきで作ってみたら美味しかったので
アップしました。





posted by Avril at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!

2018年04月30日

こじんまり

20180430-4.jpg


10年以上前のこと。
炊飯器を従姉妹に譲った。
私は、これまた譲ってもらった鍋でご飯を炊くようになった。


20180430-1.jpg


コーヒー豆を挽いて全自動で抽出するコーヒーメーカーよりも
こうしてお油を注いでドリップする方が美味しいと感じた。


20180430-2.jpg


先日購入したパン焼きフライパン。
鉄製だけどとても軽く、そしてトーストがすこぶる美味しくなる!


20180430-3.jpg


きっとこのつぶつぶに当たるところのお焦げが香ばしくさせるのか
3分程度で焼きあがるのも嬉しい。

家族がいたらそうもいかないけど、一人分ならこれでちょうどいい。
こじんまり。



posted by Avril at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月23日

筍づくし弁当

20180423.jpg


毎年予約して送ってもらっている京都のスーパーから届きました。
3月の末に一度、そして今回。

大ぶりなので色々使えます。

蕗と一緒に炊いたん
木の芽和え
煮汁を使った出汁巻き
筍ご飯

今日のお弁当でしたー。



posted by Avril at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!