2016年02月25日

粕汁

20160225.jpg


日差しは春めいてきたようですが
まだまだ寒い今日この頃。

粕汁仕込みました。

私はお魚ではなく肉(豚肉)で作ります。
父親がこれでないと食べないので、我が家の粕汁は
いつも豚肉が入ってました。

白菜、人参、大根、小芋、しめじ、舞茸、長ネギ
こんにゃく、薄揚げ、豚肉を出汁でじっくり煮込み、
た〜っぷりの酒粕を溶かし入れ、味噌で味を調えます。

細ねぎ刻んだのをばっさり乗せて、七味をふりかけて
いただきます。
あったまるー。

あったかいのがご馳走です。

インフルエンザと花粉症が同時にきているそうです。
(変なのー!)
私はいまのところはどちらの症状もありませんが
どうかみなさま、体調崩されませんよう。



posted by Avril at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!

2016年02月21日

福砂屋のカステラ

20160221.jpg


たまに無性に食べたくなるカステラ。

今から30年弱昔のお話。
大学の旅行研究部に属していた私は九州にいました。

毎年先輩が『今年は北海道』『今年は東北』と定める場所に
後輩の私たちはそこのリサーチをし、現地集合し、美味しいものを
探し、さすがに金銭的にいいお宿には泊まれなかったけど
それなりにその地を楽しんでおりました。

その年のテーマは九州。
神戸から普通列車で乗り継ぎ乗り継ぎ、12時間後に別府にたどり着いたころには
くたくたでした。

先輩が指し示す場所をターゲットにしてそれぞれ旅をして
一泊は定められた宿に全員が集結して情報交換してまたそれぞれ
旅をする『夏の合宿』。

九州で全員が集結する場所は『長崎』でした。

宿に集まった我々はそれぞれ情報交換したのでした。

後輩: 今日、G亭の近所でくじ渡されたんですよー!
先輩: ああ、配ってたよねー。
後輩: くじを開けたら二等賞とかで銀の指輪を格安で買えるとか!
    二等賞だけどお金払うんですよー。
    くじは全部二等賞なんですよねー!
    当たりだけど何千円か払って指輪買わされるって…
    引っかかる人いるんですかねー?

その言葉が終わる前に先輩は片手にはめられた指輪を隠すように
手を重ねたのでした。

それに気づいた後輩はそれからその話題をきっぱり切り捨てたのでした。

そんな中。後輩たちは長崎駅前で通りがかる人をつかまえては
『カステラ、といえばどこが一番美味しいですか?』と
リサーチしました。

ほとんどの人が『福砂屋さん』と答えました。

この時から私の中では『カステラは福砂屋』と刷り込まれてしまいました。

いついただいても美味しいです。
底のザラメ、絶品です。

30年経っても刷り込みは生きております。
こうしてどうしても食べたくなったら買ってしまうのでした。

今日は早朝からやってきた母とミルクティーで
いただきました。
やっぱり美味しかったです。

いつかまた長崎に行ってみたいなー。
『吉宗(よっそう)』の茶碗蒸しと蒸し寿司のセットに
福砂屋の本店のカステラ。懐かしいお味です。




posted by Avril at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月16日

2016 バレンタイン

20160214-1.jpg


先日の日曜日、暖かかったですねー。
上着がいらないほどだった…でここのところの寒さ。

みなさま体調崩されておられませんか?

父が風邪をひき、母にうつさないかとやきもきしておりましたが
父の状態は快方に向かっているようです。めでたし。

このバレンタインデーは日曜日でした。

なので翌日に父や弟に出勤がてらに渡しました。

この時期のお楽しみ。
…それは!


20160214-2.jpg


ここ数年の私はバレンタインデーの特設会場に足を運ぶ
気力が萎えておりますので、もっぱら阪急百貨店のサイトで
チョコレートを購入しております。

この時期は普段は手に入らない種類が目白押し!

今回買ってみたのは(自分用に)このイタリア・トリノのもの。
おいし〜。

自分への甘い甘いご褒美です。

posted by Avril at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月14日

ちゃんぽん食事会

20160214-1.jpg


先日我が家に集まってのお食事会。
リクエストにお応えするかたちでの開催でしたので
内容もちゃんぽんです。

なぜかイタリアンと中華のコラボとなりました。

まずはアクアパッツァ!

具沢山で、底に小鯛がおります。
見えてないけどー。

スープはバゲットに吸い込ませていただきます。
あさりも鯛もイカもいい仕事してます。このスープ!


20160214-2.jpg


お次はなぜか中華の前菜。
ピータンだけはさすがに買ってきました。
くらげは塩出しして味付けし、鶏肉は紹興酒で蒸し上げました。
自分のためだけには絶対に作らない一品です。


20160214-3.jpg


人数が多かったのでショートパスタです。
この方が時間をおいても美味しくいただけるので。

鶏むね肉とブロッコリーのトマトソースで和えます。
パセリと松の実でお化粧です。


20160214-4.jpg


エビチリー!

ちょっと豆板醤が多かったかしら?
海老の下ごしらえ頑張ったのでプリップリ!
手をかけただけある仕上がりとなりました。


20160214-5.jpg


中華料理は具材と調味料を揃えておいて強火でざっと
手早く作るのが鉄則。なので玉ねぎも一枚一枚
バラしておきます。

均一に火が通った酢豚ちゃんですー。


20160214-6.jpg


海老と豚肉とイカをそれぞれ別に下ごしらえして
うずらも茹でてヤングコーンも入れました。

我ながら美味しくて。
でもこれも絶対に自分だけのためには作りません。
食べたい人がリクエストしないと自分からは絶対に
作りません。でもほんとに美味しいのよなー。


20160214-7.jpg


最後はピンボケの鶏の唐揚げ!

土生姜とニンニクをきかせたたれに漬け込んでます。
たれに水を加えてそれを肉に吸い込ませることで
ジューシーに仕上がります。

こんだけ作ったらきっと余るだろうなーと
思っておりましたがなんのなんの。

ほとんど完食となりました。
すんばらしい。

おいしいおいしい宴でした。







posted by Avril at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | la fête

2016年02月07日

明石でイタリアン

20160207.jpg


今日は学生時代の友人と3人で、明石のCiRO(チーロ)に行ってきました〜。
ちょっと遅い新年会です。

待ち合わせの明石駅に向かうべく、順調に電車を乗り継いでいたところ…
なんと!湖西線でトラブルとかなんとかで乗るはずだった新快速が来ない!

とりあえず普通列車に乗り込んで明石に向かったのでした。

開始時間の11時30分に間に合わせようと頑張って走って33分着。

先に行ってもらってた友人とも無事に合流できました。よかった。

初めてのお店。海に面したテーブルでしたが、お店が入っているマンションの
大規模改装のためか足組みがされていてロケーションは残念なことに…。

気を取り直してメニューとにらめっこ。
今回は色々なものを食べましょう!とコースではなく
単品をチョイスすることに。

まずはカプレーゼです。


20160207-1.jpg


ビールが進む!

前菜はこれで2人前?
でもイワシとかマッシュルームは3個ずつあって
3人で分けやすくしてくれてました。


20160207-2.jpg


明石の魚介のフリットは揚げたてでおいしー。
エビは三重県産だったかな?


20160207-3.jpg


ピザはハーフ&ハーフ。
マルゲリータとクワトロフォルマッジを半々に。

生地を細くしたのが土手になってるー。
薄いけどもっちもちで美味しかったです。


20160207-4.jpg


パスタはニョッキにしました。
ソースは選べるとのことでしたので、魚介のクリームソースに。


20160207-5.jpg


もうこの辺からおなか一杯。

注文どれにするー?と相談中に、頼もうとしていたアクアパッツァ。
実際には頼んだつもりで頼んでなかったのです。
でもこれで正解。きっと食べきれなかったはず。

きっと美味しいだろーな。今度の来店時に頼んでみましょう!

大満足でお店を出て、ぶらりと魚の棚を冷やかして
駅前の喫茶店でうだうだおしゃべりしてそれぞれの帰路に着いたのでした。

学生気分だった友人たちは母の顔、妻の顔に戻って帰って行きました。
私はどんな顔に戻るんでしょー?

そうそう。CiROで、父へのお土産に持ち帰りピザを頼んで
持ち帰ってきました。

宅配ピザでは味わえない美味しさですもんねー。

車で駅まで取りに来てもらったので私は駅から歩かずに済んだし、
父は大好きなピザにありつけたし、よい段取りでめでたしめでたし、
の1日でした。

ちょこん、と後部座席に乗せられた母は駅で私が乗り込むとにっこり。
ピザの温め方などを父に伝えるうちにわずか数分で私の家に到着。
『あれ、短い…』
『ほんまやね。おかーさん、また今度ゆっくりね!』

認知症のお陰か、チーズが苦手だった母ですが
ピザを美味しく食べられるようになっているのです。

これも、めでたしめでたし。









posted by Avril at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月03日

'16 節分

20160203-1.jpg


今朝の新聞広告のチラシは『恵方巻き』のオンパレード!
すごいねー。豪華だけど、これを丸かぶりするのー?

うちは毎年母が巻いてくれてました。
でも今はもう母にとってそれはどうでもいいこと。
なので私が作ります。

母の味付けとはどうしても違ってしまうのだけれども
(母が完全な下戸で、私は少し嗜むからか甘みの具合が違うようです)
なるべく甘めに仕上げてみたつもり。

前日の昨日の夜に仕込みましたよ。


20160203-2.jpg


高野豆腐、厚焼き卵、椎茸の炊いたん、干瓢の炊いたん、タケノコの炊いたん
三つ葉のおひたしの6つを巻き込みます。
七福には一つ足らない???

う〜ん。海苔を加えておくか!

こじつけの恵方巻きでした。

仕込みはしておいてもご飯は朝に炊かないといけないし
巻くのも当日でしょう?

なので4時に目覚ましかけて支度しました。
やはりこの時間でちょうどいい感じでした。

父に渡す巻き寿司を6本(父と叔母と母の分)持って出勤です。
仕事場で手渡して終了!でした。

とはいえ、仕事が残っているので何度か睡魔に襲われながら
終業時間まで頑張ったのでした。歳とともに睡眠不足が体力を奪います。

ほんまにこんな娘を持ったことを幸せに思ってや!父と母よ。
と自分で自分を褒めないとやってらんない。

ともかく節分のミッションは完了したのでした。

鬼は〜そと。

福は〜うち。

数えで52個食べましたよ。
ビールのアテで。
ほほほ。



posted by Avril at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!

2016年01月31日

2016 ☆ 新年会

20160131-1.jpg


楽しかったー。
さてこれは何度目の乾杯でしょうか?

牧子さん(仮名)が最後に合流して参加者が揃ったところでの乾杯です。
これが夜の7時頃だったかなー?
でもうちはお昼の1時から開場で飲み始めていたので…
最初の乾杯をした4名(加乃さん、桐子さん、盛敦さんと私)は
もう完全に出来上がった状態。

時間を巻き戻してお昼に戻ります。

加乃さんが作ってきてくださった鶏の中華風サラダ。
中華の三種盛がサラダになった感じ。
この組み合わせは絶品・最強です。


20160131-3.jpg


今回はみなじっくり座ってたっぷり喋ろうというコンセプトだったので
私が主にお料理を用意したのでした。
簡単なトマト鍋。

普通にトマトソースを作り、これをブイヨン(マギーブイヨン+お湯)で割り、
そこへキャベツや玉ねぎ、キノコにソーセージ、ベーコン。
なんでも放り込みます。

隠し味にパルメザンチーズの皮を細かく刻んだものを入れてます。

締めはなんと!二回しました。

最初の4人で、まずペンネを入れてパスタの締め。


20160131-2.jpg


盛敦さんがイベリコ豚を買ってきてくれたのでこれをソテーして
加えたのでした。さすがパスタの巨匠。桐子さんがつぶやきました。
『私はこんな潔いアルデンテは出来ひんわ…』

絶妙のアルデンテでした!

二回目の締めは全員が揃って鍋を堪能したのちのリゾット。

鍋の旨味がとてもとても美味しく、ここにも前出のイベリコ豚の
粗みじん切りソテーを入れました。出汁とご飯のバランスを見ながら
トマトピューレやトマトジュースを足して
奇跡の一品と呼ばれる一皿になったのでした。

あの組み合わせの妙は再現できないなー。

でもまた挑戦してみようっと。

そして、鍋だけだと飽きるかな?と思って前日から仕込んでおいた
『おでん』。鍋ごとホットプレートに乗っけて保温。
これはセルフサービスで好きなのを食べてもらいました。


20160131-4.jpg


最後に合流した牧子さんがプレゼントしてくれたお花は
いつものごとく洗練されて素敵です。


20160131-5.jpg


あー、加乃さんが持ってきてくれたチーズを出すの忘れた〜!

桐子さんが持ってきてくれたチーズパイにリーフパイにチョコレート、
トマト鍋にぴったりだったチーズバゲットもありがとー!

盛敦さん、ケーキごちそうさまでした!
トマト鍋のアレンジに貢献してくださってありがとうございました!

早織さん、明日の朝からアサイーパウダーいただきます!

志保さん、さすがの福袋。ワインとっても美味しかったです!

みんなが帰ったのは夜の11時頃。いやー、よく飲みました。
ゆっくり片付けて楽しい宴は終わったのでした。


20160131-6.jpg


翌朝。
いやあ、久しぶりにみんなよく飲んだなーと。
牧子さんが持ってきてくれたしぼりたての清酒は私が残りをちびちびいただくことに。

お昼からの始まりで夜遅くまでという長丁場だったからかみんないつもよりは
たくさん飲んだようですね。美味しい時間でした。


20160131-7.jpg


持ち寄りのパーティーもいいけどたまにはみんながずっと座って
じっくりワイワイするのもいいですね。

みんなに元気をもらってしばらく頑張れそうです。

みんなが集まるのは年々難しくなってくるけれどもそれでも
楽しい時間を共有できる友がいて私はとても幸せだと
しみじみ思う日曜の昼下がりでした。

posted by Avril at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | la fête

2016年01月26日

満月の翌日の朝の月

20160126-1.jpg


お寒うございます。
雪が積もって通勤通学の時間にトラブルかも?と言われていた25日月曜の朝。
窓を開けるとまん丸お月さまが西の空にいました。

雪の心配なしで出勤できました。
よかったよかった。

さて。やっと最終巻がでました。


20160126-2.jpg


居眠り磐音江戸双紙。

51巻で完結です。


老眼になって本を読むのが億劫になっていた父だと思っていたら
たまたま私が貸した『江戸物』のお話にどっぷりつかってしまいました。

はじめは私が蔵書から貸していたのですが、すっかり読み漁ってしまったようです。
とうとう父は本屋へ足を運び、自分で面白そうなものを探して大人買いするように
なりました。

そして今度は私が貸してもらう側になりました。
こうして磐音さんの活躍に胸を躍らせておりましたらとうとう最終巻。

達成したような、寂しいような。

父はこの作家である佐伯泰英さんにはまったらしく、
ガンガン買い求めております。

ともかく本を読むことで気分転換しているようなので
少し気が楽です。
父にゴルフ以外の趣味ができて嬉しいです。

またこの作家さんの『捕物帳シリーズ』を大人買いしたらしいので
一からまた借りましょうか。



    
posted by Avril at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月12日

便利なフォトサービス

20160112-1.jpg


大晦日の夜、紅白歌合戦をかけたまま私がやっていたのは…

これ!

昨日やっと届きました。

何かと言うと…


20160112-2.jpg


じゃ〜ん、カレンダー。

気に入った卓上カレンダーがなかったので作ってみました。

って写真をサイトにアップするだけなんですけどね。



20160112-3.jpg


表紙と裏表紙を紐で結ぶと自立します。
自分の撮った写真で自己満足してます。

アップルのサイトには卓上カレンダーがなかったので
FUJI FILM のサイトで作りました。

お正月にほろ酔いで作ったフォトブックも届いてます。


20160112-4.jpg


昔のような気がしない、2001年のハウステンボスに2004年の沖縄旅行。
でも姪っ子はお子ちゃまで、父も母も若いのでした。
私もきっと若いのでしょう…?

まだまだ整理できていない写真がたっぷりありますので
あと何冊できるでしょうか。

ぼちぼち作っていきましょ〜っと。





posted by Avril at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った!

2016年01月02日

いつものお正月

20160102.jpg


今朝は昨日と打って変わって爽やかに起床!

二日目のお雑煮は『水菜と薄揚げのすまし汁』です。

元旦は大根と人参と薄揚げの味噌仕立てでいただきますが
二日目はなぜかすまし汁を母が作っていたのです。

なぜそうしていたのか聞きそびれていて今に至っております。
もうどうしてそうなってたのか分かりません〜。

ま、母がずっとやってたことだから私も同じように
してみようかと。

ああ、昨日全然食べられなかったのがひびいて
まだたくさんのおせちが…!

明日、頑張って食べようっと。

今日はお昼前から親のところに顔をだしてきました。

ノートパソコンを持って行きまして、写真の整理をしながら
appleにフォトブックの注文してみました。

先日の秋のドライブ旅行や昔の家族旅行の写真も出してきて
それもブックに。

今よりもずっと若い両親がそこにいました。
元気で明るい表情の母もそこにおりました。
このフォトブックにすると父はたまに手にとって見るらしく
これからこまめに作ってやろうと思いました。

父のノートパソコンにも同じデータを入れてやっているのですが
パソコンを立ち上げてアプリを開いてスライドショーを見る、
なんてことしない76歳。

やはりアナログなんですね。紙焼きした写真をアルバムにすると
かさばるけれどもフォトブックならコンパクトでいいですもんね。

同じサイズでシリーズ風にしてみますか。

作業をする私のそばにちょこちょこ寄ってきては
話しかけてくる母。
もう意味不明の内容ですが、それでも話を合わせて
会話を続けます。たまに奇跡的に話のつじつまが合って
おもしろいのです。

たくさんお喋りして発散したからなのか今日の母は
とっても穏やかでおとなしかったです。

夕食を一緒に食べて風呂に入れてベッドに寝かせ
おやすみを言ってから帰ってきました。

いつものお正月を今年も迎えられてよかった。





続きを読む
posted by Avril at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記